ボルボがNVIDIAとの協力関係を強化

H.Tanaka
AUTHOR
2018/10/22 16:00

次世代AIを新型プラットフォーム採用車に搭載

ボルボ・カーズは、人工知能(AI)コンピューティング会社のリーディングカンパニーであるNVIDIAとの、次世代ボルボ車用の高度なAI対応コア・コンピュータ開発における協力関係を強化する。

このコア・コンピュータは、NVIDIAのDRIVE AGX Xavierテクノロジーに基づいており、ボルボは次世代のスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー2(SPA2)プラットフォームを採用する新型車に、この最新のコンピューティング・プラットフォームを実装できるようになる。この新しいコア・コンピュータを搭載する最初のモデルは、2020年代初頭に導入する予定という。

今回の合意により、ボルボとNVIDIAの現在の協力や提携関係はより深まる。両社はすでに自動運転車用の高度なシステム、およびソフトウェアの共同開発を昨年より開始している。

ボルボの新しいコンピューティング・プラットフォームは、NVIDIAの先進的なAIや他の追従を許さないコンピューティング・パワーを活用。それによりボルボ車に搭載される先進的ドライバーサポートシステム、エネルギー管理テクノロジー、車内パーソナライゼーションオプションは大幅に強化されることになる。

全方位の状況認識とドライバー監視システムを加えることで、コア・コンピューティングはボルボの自動運転車を安全に導入することに貢献するとか。

ボルボ・カー・グループCEOのホーカン・サムエルソンは、以下のようにコメント。

「自動運転車両の導入を成功させるには、膨大な計算能力を持つコンピュータとAIの絶え間ない進歩が不可欠です。ボルボとNVIDIAとの合意はそうした課題に向けた重要な要素のひとつであり、ボルボの完全自動運転車を安全にお客様にお届けするための助けとなります」

一方、NVIDIAの創設者でCEOのジェンスン・フアンは、以下のように述べた。

「セーフティ・テクノロジーとイノベーションで世界をリードするボルボは、自動車の安全性、快適性とコンピューターの処理能力との間に直接的な関連性があることを理解しています」

今後導入されるSPA2アーキテクチャーは、ボルボの現行90シリーズおよび60シリーズで受賞歴のあるモジュラー式SPAアーキテクチャーの次世代型で、これらの新型モデルは、2010年以来ボルボの事業改革および財務改善に貢献している。

SPA2はモジュラー式SPAアーキテクチャーのアドバンテージを活用し、さらに電動化やコネクティビティ、自動運転といった次世代の技術を追加。強力な処理能力を持つコア・コンピュータは、これら次世代技術に関する処理能力において重要な役割を果たし、クラウド上での定期的なソフトウェア・アップデートに向けたより便利な方法を提供することになるという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!