トヨタ博物館が明治神宮外苑でイベントを開催!

H.Tanaka
AUTHOR
2018/10/19 16:00

企画展示のテーマは日本車のヴィンテージ

トヨタの文化施設であるトヨタ博物館は、自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的に「2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月17日に東京・明治神宮外苑(東京都新宿区)で開催する。

今年で12回目を迎える本イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前の広場をメイン会場に企画展示や走行披露のほか、一般参加のクラシックカー約100台による恒例の銀座中央通りを通過するパレードなど、多彩なプログラムが実施される予定。

今年の企画展示のテーマは「ジャパン・ヴィンテージイヤー1989」。バブル経済の真っただ中にあった1980年代後半の日本は、各自動車メーカーが次々と新技術を採用し、高級サルーンやパーソナルクーペ、スポーツカーなどのジャンルで名車が誕生した時代だった。

そこで平成最後の開催となる今回は、日本車のヴィンテージ・イヤーとも呼ばれた平成元年(1989年)に発表された車両をフィーチャー。各メーカーの協力のもと企画展示で紹介する。

トヨタ博物館は「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛するすべてのみなさまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見すえ、日本の自動車文化を育んでいきたい」との想いを世界に発信していくため、館内の活動や本フェスティバルのようなイベントを積極的に開催している。

「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」開催概要

・日時:11月17日(土) 10:00~15:30(入場無料)
(雨天決行。ただし諸事情によりプログラムが変更となる場合あり)
・会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)
・内容:オープニングセレモニー、一般参加車によるクラシックカーパレード&展示、トヨタ博物館 企画展示「ジャパン・ヴィンテージイヤー1989」、クラシックカーの会場内走行、オーナーインタビューや会場の様子の実況など。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧