「フィアット500/500C」に上質感漂う限定車が登場

H.Tanaka
AUTHOR
2018/10/10 19:00

シートにはイタリアン・レザーを採用

FCAジャパンは、「フィアット500/500C」の限定車「ザッフィロ」を設定。10月13日から、全国のフィアット正規ディーラーより販売を開始する。消費税込みの車両本体価格は500ザッフィロが269万円、500Cザッフィロが289万円となっている。

イタリア語で「サファイア」を意味する「Zaffiro」が車名の由来となるこのモデルは、きらびやかな輝きを放つブルーの専用ボディカラーに、上質なブラウンのフラウ社製レザーシートを組み合わせ、ポップなイメージの従来モデルとはひと味違ったエレガントな雰囲気を演出している。

この特別なカラーコンビネーションに加え、外装には専用デザインの16インチアルミホイールやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジングを組み合わせ、エレガントさをさらに昇華させている。

ベースモデルは、ユーザーからの要望の多いツインエアエンジン搭載車「ツインエア・ラウンジ」。限定車ならではの上質感あふれる特別装備に軽快な走りと相まって、日常を華やかに盛り立てること請け合いだ。

「500/500Cザッフィロ」車両概要

販売台数
500ザッフィロ:限定100台
500Cザッフィロ:限定30台

特別装備

・ボディカラー:エピックブルー(内装ブラウン/アイボリー)
・16インチ24スポークXデザインアルミホイール
・フラウレザーシート
・クローム仕上げエクステリアミラーハウジング

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる