【嶋田智之の月刊イタフラ】mCrt+眞貝知志選手、WRC参戦を睨んで124ラリーを全開テスト!!

嶋田智之
AUTHOR
2018/08/31 10:00

現地有力チームのお誘いも

アバルト500R3Tでラリー活動をし、昨年のヨーロッパ選手権ローマ・ラリーではクラス優勝を勝ち取ったmCrt(ムゼオ・チンクエチェント・レーシング・チーム)と眞貝知志選手。彼らは今、世界ラリー選手権のR-GTクラス参戦を睨んで活動中です。

 

で、7月10日にトリノ郊外の某サーキットで、アバルト124ラリーのポテンシャルを探り今後を決めていくためのテストをするというので、眞貝選手に帯同してチェックすることにしたのです。

 

マシンを提供するのはWRCにアバルト124で参戦している、ベルニーニ。普段は多忙でテストには足を運べないチームのボス、それにアバルトからは124ラリーのプロジェクトのトップも、眞貝さんの走りを見に来てました。

 

溶けそうなほど暑い中、眞貝さんはタイヤのグリップ限界の真上にのせたりゼロ・カウンターで4輪を滑らせたり豪快にドリフトさせたりと様々な走らせ方を試しながら、25分ほどの走行を計4回。

 

「速いけどかなりシビアですね」という眞貝さんのインプレはル・ボラン11月号(9月26日発売)にて。今回は眞貝さんがチームのボスから「次は10日ほどイタリアに滞在して、テストだけじゃなく実戦も走ってみたらどうだ? シート、確保するぞ」と誘われていたことだけ、記しておきます。

 

現地リポートはコチラ

LE VOLANT 2018年10月号 Gakken Plus

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!