超高級車の代表格が8世代目に、ロールス・ロイスの新型ファントムが登場

AUTHOR

その乗り心地はまさに「マジックカーペット」

ロールス・ロイスは7月27日、フルモデルチェンジを受けて8代目となった新型「ファントム」を発表した。

0731_RollsRoyce-Phantom_03

新型はオールアルミのフレームを用いた新世代のラグジャリー・アーキテクチャーをもとに設計。従来型よりボディ剛性を30%向上させた。フロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンクのエアサスペンションを組み合わせることによって、従来型以上の乗り心地や快適性を実現。22インチのタイヤを組み合わせるその乗り心地は、「マジックカーペットライド」と称されるほどとか。

0731_RollsRoyce-Phantom_08

フロントウインドウに組み込まれたステレオカメラシステムで路面状況を前もって認識し、その情報をもとに積極的にサスペンションを調整。常に最適な乗り心地を演出。パワートレインは563ps/900Nmを発揮する6.75リッターのV12ツインターボエンジンに、ZF製の8速ATを組み合わせ、なめらかで力強く、そして静粛性に優れた走りを演出する。

0731_RollsRoyce-Phantom_02

パノラマビューを備えた4つのカメラシステムや、車線逸脱をはじめとする各種アラートなど、安全運転支援システムも惜しみなく導入されている。ヘッドライトは600m以上先まで照らすことができるレーザー・ライト・システムが搭載された点もニュースだ。

0731_RollsRoyce-Phantom_15

内外装のデザインは従来型のイメージを受け継ぎながらも、各部のディテールに新世代モデルを実感させる。各部の仕上げに最高級のマテリアルが用いられ、ハンドメイドで丁寧につくられるというロールス・ロイスの美点は、継承されている。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる