【スクープ】BMW次期「1シリーズ」はやっぱりFFだった!

AUTHOR
2017/05/07 16:50

居住性の改善が一目瞭然

 

次期BMW「1シリーズ」がエンジン横置きFF系プラットフォーム「UKL2」に移行することは周知の事実だが、このスクープ写真を見ると、これまでUKL2を採用してきたMINIクロスオーバーやBMW 2シリーズ・アクティブツアラー、X1に比べると、よりウエストラインの低い5ドアハッチバックボディなので、「改訂版」的なモジュールの最適化が行われているように見える。

 

現行1シリーズと比較するとキャビンの拡大やサイズアップしたリアドアなど、大幅な居住性の改善が次期モデルの特徴。もちろんFRを捨てることでフロアトンネルもなくなる。各部のサイズ感はVWゴルフやアウディA3に近いが、トレッドの広さや踏ん張り感のあるフロントフェンダーデザインによってプレミアム性を打ち出している。

 

パワートレインは3気筒および4気筒のガソリンとディーゼル、48V電装によるマイルドハイブリッドもラインナップされる模様。すでにUKL2採用の姉妹車にあるプラグインハイブリッド(PHV)も可能だろうが、スペース設計やコスト的にはやや厳しいはずだ。それよりも初物となる3気筒+マイルドハイブリッドの実力に期待したい。

 

パワフルなハイエンドモデルについては2.0リッター4気筒のハイチューン版は投入されるだろうが、もはや横置きFF系プラットフォームなので、3.0リッター直列6気筒モデルは1シリーズのラインナップから消えることになるだろう。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる