メルセデス・ベンツの次世代デザインはどう変わる?

AUTHOR

ダイムラーAGは、メルセデス・ベンツの次世代コンパクトモデルに採用するデザインの方向性を発表し、それを表現するデザインコンセプト「エスセティクスA」を公開した。

 

プレスラインを減らした流麗なフォルムに

 

Studie Aesthetics A

 

A/BクラスやCLA、GLAなどの次期型モデルから採用される新しいデザイン言語は、「Sensual Purity(官能的純粋さ)」という哲学に基づくもの。ダイムラーAGのチーフデザイナー、ゴードン・ワゴナーは次のように紹介する。

 

「新しいデザインはプレスラインを減らした流麗なものになるでしょう。我々にはこのピュアな形を実現する勇気があります。完璧なプロポーションと官能的なサーフェスデザインとの組み合わせにより、次世代のコンパクトクラスは新しいデザインの時代を告げる可能性を秘めています。デザインとは“省略の芸術”でもあるのです」。

 

Studie Aesthetics A

 

プレスラインなどによって基本的な形状を変えるのではなく、陰影のあるボディラインで輪郭をつけることにより、ボディデザインの本質を視覚化するというのが彼らの狙い。公表されたデザインコンセプトが表現力豊かな新色のレッドでペイントされたのは、新しいデザインのエモーショナルで官能的な特徴を強調するためだという。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる