【CES2017】クライスラーが完全自動運転車のコンセプトを発表

AUTHOR

これが自動運転時代のミニバンだ

 

FCA USは、「CES(Consumer Electronics Show)2017」にて、「クライスラー・ポータル・コンセプト」を出品した。

 

次世代ファミリー・トランスポーターの提案となるこのコンセプトカーは、フル充電で250マイル(約402km)以上の航続距離を実現するEVで、レベル3の準完全自動運転が可能だ。

 

Chrysler Portal Concept high-mount display and instrument panel

 

ちなみに自動運転のレベル3とは、加速・操舵・制動をすべてシステム(クルマ)が行い、システムが要請した場合はドライバーが対応するという状態にあるもの。つまり緊急時などはドライバーの操作が必要になるが、通常時はドライバーが運転操作から解放される(事故時の責任はドライバーにある)。

 

 

クライスラー・ポータル・コンセプトは、必要に応じてレベル4の完全自動運転(ドライバーは運転操作に関与せず、事故時の責任はシステムまたは外部機関が負う)にアップグレードできるようになっており、自動運転の未来を見据えたクライスラーの提案となっている。

 

モノフォルムを描くボディのサイドには、車両の前後にスライドして開閉するドアを装備。ステアリングホイールは格納可能で、必要に応じてインパネからせり出す。取り外せるシートには折りたたみ機構が備わるほかロングスライドも可能で、キャビンの使い勝手を高めている点も特徴的だ。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる