新型ジャガーXEディーゼルに試乗! 走りは、そして気になる燃費は……?

AUTHOR
2016/03/08 20:02

独自開発の最新ディーゼルエンジンを搭載

 

 東京ではちらほら見かける機会も多くなってきたジャガーXE。メルセデスCクラスやBMW3シリーズがライバルの、輸入車の売れ筋であるDセグメントモデルだけにさすがに人気があるな……という思いで街をゆく姿を眺めていたが、実は、それらはすべてガソリンエンジン搭載モデル。そう、発表当初から話題になっていたディーゼル版はもともとやや遅れて上陸するスケジュールが組まれており、この2月にようやくデリバリーがはじまったばかり。いまやエコカー減税の効果もあってクリーンディーゼルは大人気だから、「ディーゼル待ち」だったXEの購入検討者も多いことだろう。

 

DSC02839

 

 さて、なにがそんなに話題なのか改めて解説しておくと、このディーゼルはジャガー&ランドローバーが次世代のエンジン戦略を見据え、まったくの白紙から新開発した「INGINIUM(インジニウム)」ユニットだからだ。しかも総工費5億ポンド(約891億円)という大金まで投資してイギリスに新工場を建設、生産設備からまるごと一新してしまうほどの力の入れよう。これまでジャガー&ランドローバーの4気筒エンジンといえばフォードグループのそれを長らく流用していて、それはそれで出来は悪くなかったのだが、同社と袂を分かち、すべてを自社開発した渾身の作とあらば注目しないわけにはいかない。ちなみにインジニウムユニットにはほぼ共通のアーキテクチャーでガソリン版も用意されるが、まずはディーゼル版の量産が先行し、現状XEに搭載されているガソリンエンジンは旧世代に属するフォード系のユニットとなる。だからある意味インジニウムエンジンを搭載するXEディーゼルこそが、正真正銘の新生ジャガーともいえるのだ。

 

 

ライバルに比べて格段にトルクフル

 

 個人的にはジャガーはセダンであってもスポーツカー、ハンドリングカーだと思っているので、最初は「ディーゼルのジャガー?」なんてちょっと懐疑的に思っていたのだが、このXEディーゼルにはある意味新しいジャガー像が宿っているといえそうだ。

 

DSC02891

 

 アイドリング時の静粛性はガソリンエンジン並み。うれしいのは車外にいてもディーゼル特有のガラガラ音がほとんど気にならない旋律に整えられていることだ。ライバルたちも遮音には気を遣っているから車内にいればまずそれとは気づかないのだが、ひとたび外に出ると「やっぱりディーゼルだったのね」と幻滅させられることも多い。まずはジャガーのスポーツイメージが壊されなかったことに安心する。

 

 そしてやはりこのディーゼルの白眉はそのパワフルさにある。スペックは最高出力180ps(132kW)/4000rpm、最大トルク430Nm/1750~2500rpmであり、メルセデスC220dの170ps(125kW)/400Nm、BMW320dの184ps(135kW)/380Nmより明らかにトルクフル。普通に走っている限りは8速ATが賢くシフト制御、ほとんど1500rpm以下で回すなど燃費運転に徹するのだが、ひとたびアクセルを踏み込むと瞬時にシフトダウン。1800rpmを境にそれまでの紳士っぷりが豹変、血の気の引くような猛烈な加速をドライバーにお見舞いする! もちろんATモードだと4400rpmのイエローゾーン手前でシフトアップしてしまうから、ガソリンエンジンのようにブン回してパワーを稼ぐ快感には乏しいのだが、ワイドな8速ATのおかげでこの強烈な加速がどこまでも続いていきそうな空恐ろしさすら感じられる。この刺激的な加速は従来なら「Rモデル」でしか味わえなかった。XEはジャガーのダウンサイジングモデルだが、同時にハイパフォーマンスの民主化も図ってきたということができそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる