【国内試乗】「 BMW iX」BMW iのブランニューEVが国内公道に登場! 新世代のプレミアムと快適性。

2022/01/14 15:00

デザイン、快適性、上質感など、クルマの固定概念を良い意味でツイストしてみせたBMW iX。自動車の新しいカタチを指し示したモデルでありながら、EVであっても同クラスのICEと違わない価格設定も見逃せない。早速、第一印象をお届けしよう。

フラッグシップに勝るとも劣らぬ快適性を実現

BMWは、欧州プレミアム系では電動化のパイオニアだ。2013年、サブブランドとしてBMW iを立ち上げ工場まで新設。しかも、世界同時発表したi3はEVの決定的な弱点となるバッテリーによる車重の増加に真正面から対応。ボディ骨格はCFRP(カーボン繊維強化樹脂)製、シャシーはアルミニウム製、ボディ外板は熱可塑製プラスチック製として、レーシングマシンのような構成により大幅な軽量化を実現したのだ。

サイドのチタニウムブロンズのラインがモダンなアクセントを加え、両サイドまで回り込んだテールライトは現行BMWモデルの中では最もスリムなデザインとなる。

そして2021年、BMW iはフェーズ2として新展開を開始。サブブランドのフラッグシップとして、iXを投入してきた。見所は、xDrive50で650mmに達する航続距離や前後2基のモーターが発揮する765Nmの最大トルクなど数多い。
だが、注目すべきは軽量化に対する取り組みだ。EV専用のプラットフォームを新開発し、CFRP、アルミニウム、高性能熱可塑製プラスチック、高張力鋼板を最適使用するインテリジェント・マテリアル・ミックスを採用。ボディサイズがほぼ同じで750Nmを発揮するエンジンを積むX5Mと比べ、130kg重いだけだ。

ヘキサゴンデザインのステアリングホイールやフローティング構造のインストルメントパネルなどを採用した新設計のコクピット。シート調整はドア横のスイッチで行う。

たとえば、メルセデス・ベンツEQCはGLC63に対して車重は390kg上乗せされる。EQCが重すぎるわけではなく、航続距離を伸ばそうとするとEVの車重増化は避けられないわけだ。
前置きが長くなったが、軽量化を実現したiXは重い車重を高出力モーターに任せ強引に加速させる印象がない。重力というか引力というか、かつてない作用により加速するような走りとなる。

ヘッドレスト一体型のシートが標準装備され、「ブレーク・スルー」と呼ばれる開口部がモダンな雰囲気を醸す。ファースト・クラス・パッケージ」を選択すれば前後席に広がるパノラミックサンルーフが装備される。

マイ(走行)モードがパーソナルなら、アイコニック・サウンド・エレクトリックによりアクセル操作に対してSFドラマの宇宙船滑空音のような演出を重ねてくる。モードをスポーツにすると、車外まで聞こえていそうなボリュームでエンジンとは別モノの快音が聞ける。それだけに、アクセルを踏み続け523psに達する最高出力を発揮させても、圧倒的な速さを獲得しながら荒々しさは感じない。

テールゲートを開けた状態は、モノシリックデザインとも言えるスタイリッシュな佇まい。荷室容量は通常時で500L、後席を折り畳めば最大1750Lまで拡張する。

また、iXはi3でアクセルを戻したときに強い回生ブレーキが効くので慣れずに違和感として残るという指摘を改善してきた。減速の強さはパドルおよびBレンジと合わせ、4段階で選択可能だ。Bレンジなら、アクセル操作だけで日常の加減速がこなせる。
iXは、バッテリーを床下に敷き詰めているので低重心化により基本性能の段階でボディのムダな動きが抑えられる。そのため、サスペンションを引き締める必要がない。試乗車は、アダプティブ・エア・サスペンションを標準装備するため、モードがパーソナルなら乗り心地は超しなやかだ。

クローズドタイプのキドニーグリルやリアのクォーターパネルなどがiXを印象付ける意匠。単にスタイリッシュなだけではなく、機能に帰結するデザイン原則を採っている。

ステアリングの手応えはいくらなんでも軽すぎるが、応答性の正確さは確かめられる。モードがスポーツなら適度に手応えが増すので、コーナーを気持ちよく駆けぬける場面では安心できる。

EV専用のプラットフォームにより、吸遮音性にも最大限の配慮がされている。エンジン音のマスキングがなくてもロードノイズが巧みに抑制され、静粛性が極めて高い。乗り心地を含め、iXの快適性は7シリーズを超えている。
ちなみに、iXは価格設定が驚異的だ。ボディ骨格にCFRPを多用し、アダプティブ・エア・サスペンションを装備しながらX5MどころかM50iよりも安いのだ。

【SPECIFICATION】BMW iX xDrive50
■車両本体価格(税込)=11,160,000円
全長×全幅×全高=4955×1965×16950mm
■ホイールベース=3000mm
■トレッド=(前)1660、(後)1690mm
■車両重量=2530kg
■モーター形式/種類=HA0002N0(前) HA0001N0(後)/交流同期電動機
■モーター最高出力=523ps(385kW)/-rpm
■モーター最大トルク=765Nm(78.0kg-m)/-rpm
■バッテリー種類=リチウムイオン電池
■バッテリー容量=60.6kWh
■航続距離(WLTP)=650km
■サスペンション形式=(前)Wウイッシュボーン/コイル、(後)後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=(前)Vディスク、(後)Vディスク
■タイヤ(ホイール)=(前後)255/50R21

公式サイト https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/bmw-ix-new/2021/bmw-ix.html

フォト=岡村昌宏 ルボラン2022年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!