新ブランドロゴとともに日本初公開の新型「308」と「508PSE」も展示! グループPSAジャパンが「LION EXPERIENCE 2021」を開催

東京・名古屋・大阪の3都市で開催

Groupe PSA Japanは9月2日~5日(日)、ブランドロゴもあたらしくなったプジョーブランドの体感イベント「LION EXPERIENCE 2021」を六本木ヒルズ(東京・港区)の大屋根プラザにて開催中だ。このイベントでは、2022年導入予定の新型308と参考展示の508 PSE(PEUGEOT SPORT ENGINEERED)を初公開。また、9月11日~12日には名古屋で、9月18日~19日には大阪でも開催する。

今回開催されるイベント「LION EXPERIENCE 2021」は、第1四半期の販売新記録、上期対前年比+71%ときわめて好調な国内販売を記録しているプジョーブランドのさらなる浸透を狙いとした一般カスタマー向けのイベントで、今年2月末にグローバルに発表された新世代ロゴマークに込められたブランドの想いとヴィジョンを提示し、プジョーの未来を体験できる場となっている。

イベントでは、刷新されたブランドロゴとともに、新型308を先行展示。308は2022年内に日本市場投入が予定されているCセグメントハッチバックで、新ブランドロゴがあしらわれる最初のモデルでもある。また、電動化時代のハイパフォーマンスカーの姿を具現化した508 PSE(PEUGEOT SPORT ENGINEERED)も参考展示する。

2021年3月のパリにてワールドプレミア新型308は、プジョーの新ブランドロゴを初めてまとうモデルであり、プジョーの新世代デザイン言語をさらに一歩押し進めたスタイリングに、EMP2プラットフォームの大刷新版を採用。最新の電動化テクノロジーとADAS(先進運転支援機能)とCO2削減などの環境性能、走行性能を誇るモデルで、国内発売は2022年第一四半期にハッチバック、第二四半期にワゴンのSWを予定している。

一方、508 PSEはプジョーによる電動化時代におけるハイパフォーマンスモデル。前後に電動モーターを搭載した4輪駆動のPHEVで、システムトータル出力&トルクは360ps/520Nm、0→100km/h加速は5.2秒(ともにフランス本社公称値)という高性能と、欧州WLTPプロトコルによるCO2排出量46g/kmという卓越した環境性能を両立している。プジョーの考える持続可能なハイパフォーマンスカーのあたらしいコード“Neo-Performance”を初めて具現化したモデルで、参考展示となる。

また、隣接するヒルズカフェでは、アクセサリー関連のグッズも展示。プジョー・リフターに「カーサイドタープ」と車中泊が可能な「agréベッドキット」を装着した車両も展示していた。

LION EXPERIENCE 2021 概要
東京会場
開催期間:2021年9月2日(木)~5日(日)11:00~20:00
会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ 東京都港区六本木6-10-1

名古屋会場
開催期間:2021年9月11日(土)〜12日(日)10:00~20:00
会場:JRゲートタワー イベントスペース 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3

大阪会場
開催期間:2021年9月18日(土)〜19日(日)11:00~20:00
会場:グランフロント大阪 ナレッジプラザ 大阪府大阪市北区大深町4-1

LION EXPERIENCE 2021 特設サイト:https://web.peugeot.co.jp/cpn/lion-experience-2021/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!