カシオ高機能メタルウオッチ“EDIFICE”にF1スクーデリア・アルファタウリのコラボモデルが登場!

萩原充
AUTHOR

カラーと機能にF1技術を投入

CASIO(カシオ)の高機能メタルウオッチ“EDIFICE”の新製品に、F1チーム「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)」とのコラボレーションモデルとなる「EQB-1200AT」が9月17日に発売されることとなった。

カシオ計算機では、昨年のイタリアGPを制したピエール・ガスリー選手と今シーズンから加入した日本人ドライバーの角田裕毅選手という、新進気鋭の若手ドライバーを擁するF1チーム「Scuderia AlphaTauri」の高度な技術とスピードを追求する情熱が、“Speed and Intelligence”という“EDIFICE”のコンセプトと通じ合うことから、前身の「Scuderia Toro Rosso」時代(2016年~)から、オフィシャルパートナーとしてサポートを続けている。

この9月17日から発売される新製品『EQB-1200AT』は、チームカラーのネイビーをベースに、文字板に6Kカーボン(6,000本のカーボンファイバーの束を織り込んだ素材)を採用。F1マシンのウイングやフロア部分に使用される高強度なカーボン素材で織り込んだマテリアルを使うとともに、視認性が求められる見切りや秒針、インダイヤルの小針、ストップウォッチボタンといった重要なパーツに、チームのメカニックウェアに着想を得た蛍光イエローをアクセントに配するなど、F1テクノロジーを注ぎ込んだデザインに仕上げている。

過酷なレースでも安心して使用できる高強度なサファイアガラスの風防を採用。バンドには、夜間作業時の安全に配慮した再帰反射シートをプリントした耐久性に優れるCORDURA®ファブリック製に加え、日常使いにも馴染む本革バンドも交換用として用意している。

専用アプリとの連携により自動で時刻修正を行うモバイルリンク機能を搭載し、分刻みのスケジュールがこなせる高精度な時刻表示を実現。アプリ上で簡単に約300都市から選べるワールドタイムなど、世界を転戦するチームを実用面からもサポートしている。

【CASIO EDIFICE EQB-1200AT】

■サイズ:50.0×45.2×9.6mm■質量:73g■防水性:10気圧防水■通信規格:Bluetooth low energy■ストップウォッチ:1秒、24時間計、フライバック付き、時刻モードからのワンプッシュ計測スタート付き■その他機能:モバイルリンク機能(ワールドタイム設定機能/自動時刻修正/携帯探索機能/ストップウォッチデータ転送)、デュアルタイム、時刻アラーム、パワーセービング機能、デイ・デイト表示、フルオートカレンダー■タフソーラー(ソーラー充電システム)■連続駆動時間:19カ月(パワーセービング状態)■メーカー希望小売価格:74,800円(税込)

カシオ計算機 EDIFICE公式サイト https://www.casio.com/jp/watches/edifice/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!