【スクープ】BMW M4の最強モデル「CSL」市販型のボディパネルが露出! 911GT3新型とガチンコ勝負か?

2021/06/20 09:00

搭載される3.0L直列6気筒ツインターボエンジンの最高出力は510psを発生!?

ポルシェは2月、「911」に設定される高性能モデル『911 GT3』新型を発表したが、その最大のライバルとなるBMW4シリーズ最強モデル開発車両をカメラが捉えた。

ニュル高速テストに現れたプロトタイプは、前回同様に、ノーマルよりもはるかに大きなフロントスプリッターを装備、複雑なスポークパターンを持つブロンズ仕上げの大径ホイール、目立つリアスポイラーを装着している。また大型リアディフューザー、デュアルエキゾーストパイプがインストールされているが、大きな違いはボディサイドパネルが露出している点だろう。

市販型の車名は確定していないが「M4 CSL」が有力候補の1つとなっているようだ。CSLは、「Coupe Sport Lightweight」の略で、同ブランド2ドアスポーツの頂点に君臨するモデルだ。CSLシリーズとしてはこれまで、1973年に伝説的な「3.0CSL」、2003年にE46型「M3 CSL」を発売。後者はブラックとシルバーの2色のみで提供され、カーボンファイバー製ルーフ、ボディパネルを持ち、リアウィンドウの薄いガラスを特徴としていた。M4 CSLが実現すれば約19年ぶりの復活となる。

ライバルとなる「911 GT3」では、自然吸気4.0L水平対向6気筒エンジンを搭載、最高出力は510psを発揮するが、M4 CSLでは3.0L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は同じく510ps前後と予想されている。

911 GT3では、従来型と比べてトレッドが広がり大型タイヤを装着するなどしているにもかかわらず、車重はPDK仕様で1435kgと軽量化されている。一方BMW は、1800kgというM4の車重がどこまで軽量化されるか注目される。

M4 CSLのワールドプレミアは、は2022年初頭とみられ、生産は同年7月から開始。限定1000台未満で販売となると予想されており、市販型では「CSL」のほか「CS」も候補にあるという。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!