輸入中古車登録台数、 右肩上がりを保つ

田畑修
AUTHOR
2021/03/24 07:00

総登録台数は60万台に迫り、 リーマンショック前のレベルを超える

輸入車を含む新車販売台数が大きく落ち込んだ2020年だったが、そんななかで輸入中古車の登録台数は右肩上がりをキープ。中古車の登録台数には新規登録だけでなく所有権の移転と使用者名の変更が含まれ、業者間取引の一部もカウントされるので新車販売と単純に比べられないが、それでも商品としてのクルマの動きは活発だったようだ。

2020年の輸入中古車の総登録台数は前年比3.7%増の59万9081台と60万台に迫り、乗用車に限っても3.5%増の57万7969台と増加ペースを維持。2005年、2006年と60万台を超えていた輸入中古車は2008年のリーマンショックで大きく減少し、2016年からは回復基調にあったが60万台レベルとなるのは十数年ぶり。インポーターの認定中古車制度の普及で輸入中古車の品質が向上し、よりお買い得感が高まったのが大きいが、新型コロナウイルスの感染拡大が進むなかでも需要が衰えることはなかった。

ブランド別ランキングは別表の通りだが、BMWは2018年からミニの登録台数を分離したことで台数減ながら唯一13万台を超えて首位をキープ。対するメルセデス・ベンツは5.6%増といいペースで台数を伸ばしてBMWに肉薄。2014年以降、2位に甘んじてきたメルセデス・ベンツの首位奪還も視野に入ってきた感じだ。ポルシェの伸びも際立っており、2016年には1万5000台にも達していなかったのがついに2万台超えを果たし、手堅く台数を保ってきたボルボもうかうかしていられない状況だ。そして新車販売も好調のジープが大幅に伸びてブランド単独では初めてベストテンにランクイン。新車の好調ぶりから見てもこれからベストテン常連になるとともに順位を上げてくることは確実だ。
ポルシェだけでなくフェラーリ、マセラティを始めスーパースポーツ&高級プレミアムも好調で、別表の通り多くのブランドが前年比プラスを維持。中古車となっても高価ながらお買い得感がより高まるだけに人気は衰えず、程度のいいクルマも増えている。台数は多くないものの、各メーカー認定中古車にも力を入れていることも後押しして、輸入中古車マーケットを牽引するファクターとして存在感を高めていくことはたしかだろう。

ルボラン2021年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!