EVにもAMGテイスト! 「メルセデス・ベンツEQC」に新たなバージョンが追加

AUTHOR

ベーシックモデルの「EQC 400 4MATIC」とスポーティな仕立ての「EQC 400 4MATIC AMGライン」を追加設定

2月17日、メルセデス・ベンツは電動SUVの「EQC」に、新たなモデルバリエーションとしてベーシックモデルの「EQC 400 4MATIC」とスポーティな「EQC 400 4MATIC AMGライン」を設定したと発表した。欧州ではすでに注文可能で、ドイツでの価格はEQC400 4MATICが6万6068.80ユーロ(約843万円)から、EQC 400 4MATIC AMGラインが7万3208.802ユーロ(約934万円)からとなっている。

EQC 400 4MATIC AMGライン

AMGライン仕様の内外装は専用アイテムによって、スポーティな個性を際立たせている。エクステリアは、グロスブラックサラウンドを用いたツインブレードデザインのブラックパネルフロントグリルや、エアインレットを備えたジェットウイングデザインのフロントエプロンを採用し、スポーティなフロントマスクを実現。エアカーテンによって空力性能を高めた19インチのAMG 5スポークデザインアロイホイールは、タンタルグレーにペイントされ、独特のルックスを引き立たせている。リヤビューではエプロンのほか、クロームトリムをあしらうブラックのディフューザーインサートが目新しい。

インテリアは、ナッパレザーを巻くマルチファンクションスポーツステアリングホイールに加え、人工皮革ARTICOとDINAMICAマイクロファイバーを組み合わせたトリムを採用。各部のステッチもコーディネートされている。デコレーションパネルはアンスラサイトカラーのカーボンファイバー調で、ペダルはブラックのラバースタッドを備えるブラッシュドステンレススチール製だ。

そのほか装備面では、EASY-PACKラゲッジコンパートメントカバーや、インテリアライトパッケージ、コンフォートシートパッケージ、ミラーパッケージ、パークトロニック付きアクティブパーキングアシスト、リバースカメラ付きパーキングパッケージ、アンビエントライトなどが標準装備されている。

EQC 400 4MATIC

ベーシックモデルの「EQC 400 4MATIC」に関する仕様や装備内容については特にアナウンスされていないが、手の届きやすい価格設定にすることで、選択肢の幅を広げている。

EQC 400 4MATIC

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!