さらにMINIらしく! 「3ドア」と「5ドア」、そして「コンバーチブル」がアップデート

AUTHOR
2021/01/30 10:00

最新MINIは大型フロントグリルで表情一新。5インチカラーディスプレイメーターや電動パーキングブレーキといった先進アイテムも採用

BMWグループのMINIは1月27日、MINIの「3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルを発表した。生産は今年3月にはじまる予定だ。

新型では内外装のデザインが一部変更されたほか、装備の拡充や機能性の向上が盛り込まれている。エクステリアでは、大型グリルを採用したフロントマスクが特徴でLEDヘッドライトが全車に標準装備された。リヤコンビネーションランプは英国の国旗「ユニオンジャック」のデザインを継承しつつデザインを変更。サイドスカットルやリヤエプロンも新しいデザインが与えられ、MINIの個性にさらなる磨きをかけている。

エクステリアではこのほか、新デザインのアロイホイールや新色のボディカラーを採用。グラデーションカラーを用いた「マルチトーンルーフ」が設定された点も新型のトピックに挙げられる。

インテリアでは、ステアリングホイールやエアコンルーバー、トリムのサーフェスを刷新。ステアリングホイールには初めてヒーターがオプション設定されている。

5インチのカラーディスプレイを採用したメーターや、最新のグラフィックデザインを用いた8.8インチのセンターディスプレイ、電動パーキングブレーキ、ライトチェッカーカラーのスポーツシートの採用も新型を特長付けている。センターディスプレイを囲むリムは、ハイグロスピアノブラックに変更された。オプション設定されるアンビエントライトは機能が拡充されている。

運転支援機能では、アクティブクルーズコントロールにストップ&ゴー機能が追加されたほか、新しいレーンディパーチャーウォーニングと悪天候ライトによる安全性の向上が挙げられる。また、走りの面ではアダプティブシャシーに周波数選択ダンピングが装備された。

今後はピュアEVの「MINIクーパーS E」やハイパフォーマンスモデルの「MINIジョン・クーパー・ワークス」も、同様のアップデートが実施される見通しだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!