コロナ渦の贈りもの。MINIが伝説のラリードライバーに特別なクリスマスプレゼントを届ける

AUTHOR
2020/12/19 17:00

1967年にモンテカルロ・ラリーを制したラウノ・アルトーネンがプレゼントされたクラシックMINIで8カ月ぶりにドライブ

MINIはこのほど、1967年にクラシックMINIでモンテカルロ・ラリーを制した伝説のフィンランド人ラリードライバー、ラウノ・アルトーネンに少し早いクリスマスプレゼントを届けたことを報じた。

地元フィンランドに住むアルトーネンも、コロナ渦の影響で不要不急の外出自粛を余儀なくされていた。レーサーとしての現役は退いたものの、82歳の現在もドライビングインストラクターを務めるなど、まだまだベテランのプロドライバーとして活躍している彼にとって、この8カ月は実に退屈な日々となっていた。

そんなアルトーネンに、MINIのチームは1台のクラシックMINIをプレゼントすることを思いついた。それは、アルトーネンにとって、クラシックMINIというクルマは切っても切れない関係があるからだ。彼と英国のブランド「MINI」の関係は1961年まで遡る。地元で開催されたフィンランドラリー選手権を制したアルトーネンは、62年のモンテカルロ・ラリーにワークスドライバーとしてMINIクーパーで参戦。途中のクラッシュがなければ2位に入る健闘ぶりを見せた。翌63年は同レースで総合3位に入賞。そして、67年はクーパーSで再びモンテカルロ・ラリーに挑みついに表彰台の頂点にのぼった。

アルトーネンのペダルさばきは「足で弾くピアノ」と例えられるほど華麗で、その高いドライビングスキルは、彼が現役のレーサーを退いた後でもキャリアを重ねる大きな原動力になった。1976年に設立したBMWドライバートレーニングで最初にチーフインストラクターを務めて以来、アルトーネンはBMW/MINIドライビングエクスペリエンス(一般ドライバーがドライビングスキルを高める体験イベント)で、多くのドライバーを指導している。


地元フィンランドで退屈しているアルトーネンに、MINIのチームがクラシックMINIをサプライズで届けるというのが、今回のプレゼント企画。中に入っている車両と同じレッドボディのクラシックMINIが描かれたトレーラーを、MINIクーパーSカントリーマン(日本名クロスオーバー)オール4で牽引。ミュンヘンからスタートしたこの旅は、約30時間のフェリーの旅を経た後、雪に包まれたフィンランドを14時間走行。アルトーネンが暮らすラップランド地域のロヴァミエニに到着した。

果たして、トレーラーから出現したホワイトルーフの赤いクラシックMINIを目にしたアルトーネンは、感動したのも束の間、すぐにクルマに乗り込み雪深いフィンランドの森へ。しばらくお預けとなっていたドライブを堪能した。きっと運転席では“足でピアノを弾いて”いたのだろう。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!