【サーキット試乗】アルファロメオが富士スピードウェイでジュリアとステルヴィオの試乗会を開催!

アルファロメオがジュリアとステルヴィオに、新グレードの「スプリント」を設定したほか、先進安全装備の充実を始めとする改良を施した。新グレードの「ジュリア 2.0 TURBO SPRINT」と「ステルヴィオ2.2TURBO DIESEL Q4 SPRINT」には、18インチアルミホイールやナチュラルレザーシート、アクティブブラインドスポットアシストなどを標準装備する。

2020年モデルの発売開始は、2020年10月3日で、価格はジュリアが460万円~1174万円、ステルヴィオは589万円~1232万円となる。

今回、試乗の舞台となったのは富士スピードウェイのレーシングコース。まずは最高出力、実に510psのV型6気筒2.9Lツインターボに8速ATを組み合わせ、後輪を駆動するジュリア・クアドリフォリオに試乗した。

ステルヴィオのスプリントには、ハイウェイアシストシステムやトラフィックジャムアシストなどが備わる。2020年モデルには、8.8インチタッチディスプレイやナビゲーションシステムが採用される。

エンジンは速いだけではなく刺激に満ちている。回転が上がるほどにシャープさが増していき、6000-7000rpmの勢いは特に凄まじい。DNAドライブモードをダイナミックなDのさらに上のレースモードに設定すると、アグレッシブなスポーツ走行を楽しめる。以前からシャシー性能の優秀さは実感していたが、クアドリフォリオのリアサスの接地性の高さに改めて驚愕。

今回の改良では、高い運動性能や運転の楽しみはそのままに、運転支援システムやインフォテインメント機能の充実、内装の質感向上が図られた。ステルヴィオにはハンズフリーテールゲートが新採用。

新グレードのジュリア・スプリントに乗り換えてみると、2L直4ターボユニットは、低回転域のトルクが十分にあって扱いやすく、それ以上に回転上昇感が心地いい。ステアリング操作に対するノーズの反応は比較的にクイックで、スポーティな気分を盛り上げてくれる。前のめりな姿勢にはなりづらく、どちらかといえばミズスマシのようにノーズが水平移動していくような感覚でかなり走りを楽しめた。唯一残念なのは、パドルシフトがないくらいか。ステルヴィオ2.0 TURBO Q4スポーツパッケージは、SUVとは思えぬ理想的な姿勢のままコーナーを駆け抜け、サーキットでの走りは想像以上のレベルに達していた。

https://www.alfaromeo-jp.com/

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!