安全性と便利装備を強化。「スズキ・スペーシア車いす移動車」が仕様変更

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/16 16:00

「デュアルカメラブレーキサポート」が標準装備に

スズキは福祉車両、ウィズシリーズの「スペーシア車いす移動車」の一部仕様を変更。9月16日より発売を開始した。車両本体価格(消費税非課税)は、「ハイブリッドGリヤシート無車」が1,570,000円で「リヤシート付車」が1,605,000円。そして「ハイブリッドXリヤシート付車」は1,746,000円となっている。

スペーシア車いす移動車は、介助者の負担を軽減するため車両後部のスロープをワンアクションで開閉。車いすでのスムーズな乗降を可能とした福祉車両だ。

 

今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備とした。また、ハイブリッドXグレードにはUSB電源ソケット(2個)や時間調整付きフロント間欠ワイパーを新装備して使い勝手の良さが一層高められた。

スペーシア車いす移動車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当する。

なお、ウィズシリーズはスペーシア車いす移動車のほか「エブリイ車いす移動車」、「エブリイワゴン車いす移動車」、「ワゴンR昇降シート車」、「ワゴンR スティングレー昇降シート車」が設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!