5ドアが記念すべき1台に! MINIの国内累計販売台数が30万台を突破

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/08 17:00

新世代MINIとなって上陸から19年で達成!

BMWジャパンは、2002年3月2日(ミニの日)に発売したMINIブランドの車両の累計販売台数において、2020年夏にその累計販売台数が30万台となったことを発表した。

長年、英国ブランドとして愛されていたMINIブランドは、1994年にBMWが買収して2001年に現在のBMW製のMINIが誕生。日本においては、2002年より本格的にMINIを発売し、現在に至っている。発売当初は、典型的なMINIである3ドア・ハッチバックのみだったが、その後オールウェイズ・オープンをコンセプトとしたMINIコンバーチブルの導入を皮切りにMINIクラブマン、MINIクロスオーバーを導入。さらに、3ドア・モデルのプロポーションはそのままに後席用のドアを付け利便性を高めたMINI 5ドアを導入して現在に至っている。

MINIは特に日本で人気を博し、日本自動車輸入組合が発表する外国メーカー車モデル別新車登録台数において、発売当初となる2002年からトップ5内の常連となり、2016年からは4年連続で1位となり、2020年上半期においても1位となっている。

さて、記念すべき30万台めのMINIは、都内在住のカスタマーが購入した「MINIビクトリア5ドア」で、これを記念し、購入したMINIのイラストが描かれた額縁がオーナーに贈呈されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!