【嶋田智之の月刊イタフラ】リフターの方がオールマイティかも

嶋田智之
AUTHOR
2020/08/29 09:00

ビックリするほど乗り味が違う!

見事なまでの乗り心地に感動させられた、シトロエン・ベルランゴ。姉妹版といえるプジョー・リフターは、果たしてどんな感じ? と興味津々だったのでした。

プラットフォームもパワートレインも外板パネルのほとんども同じ。だけど顔と尻とディテール違いでプジョー以外のナニモノでもないルックスは、ベルランゴと較べたら地味めな印象。でも車高が40mm以上も高くてタイヤ径も30mm大きいから、SUVっぽさはリフターの方が濃厚な感じ。シートに座るとダッシュの形状や基本レイアウトはベルランゴと同じなのに、独特な意匠のiコクピットで印象はプジョーそのもの。

ビックリしたのは、ベルランゴが完全にシトロエンの乗り味なのに対して、リフターの乗り味はやっぱりプジョーだったこと。背が高いので当然ロールは大きいけど、ステアリングを切るとスイッとロールしてグッと収まって正確に曲がっていく。感覚的にはベルランゴよりも最初から馴染みやすく自然で、穏やかにスポーティなのです。その気ならコーナーも楽しめちゃうぐらい。乗り心地の面でもベルランゴほどの柔らかさはないけど文句なしに快適な部類で、速度が上がるにつれてフラットになっていくところなんて、お見事! 直進性もいいです。
しかもリフターには「アドバンスドグリップコントロール」が備わってるので、SUV的な使い方をするなら、悪路だってそこそこ以上にいけちゃうわけです。リフターの方がオールマイティな性格を持ってるといえるでしょうね。
グループPSAのブランドづくりって、上手いなぁ……。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!