フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレードの「スポーツ」が追加

H.Tanaka
AUTHOR
2020/08/05 16:00

「500Xスポーツ」には名前の通りスポーティな内外装や専用サスペンションなどを採用!

FCAジャパンは、「フィアット500X」に、スポーティなデザインや走りを特徴とする新グレード「500X スポーツ」を追加し、2020年8月22日(土)より、全国のフィアット正規ディーラーにて販売を開始する。メーカー希望小売価格は、3,440,000円(消費税含む)となっている。

2015年10月にフィアット初のスモールSUVとして国内導入されて以来、歴代500シリーズの流れを汲む親しみのあるデザインや、大人がゆったりくつろげる居住性、充実した安全装備により、アクティブなライフスタイルを送るユーザーからファミリー層まで幅広い支持を集めてきた500X。その高い実用性を誇る5ドアモデルに、新たな個性を備え新グレードとなるスポーティな内外装や専用サスペンションを採用した「500Xスポーツだ。

500Xスポーツは、大開口のロアインテークを持つスポーツフロントバンパーをはじめ、ボディ同色サイドスカート、スポーツリアバンパーといった専用エクステリアにより安定感あるフォルムを演出。さらに随所にダークグレーのアクセントカラーが用いられるほか、19インチ10スポークタイプのアルミホイールやボディ同色ホイールアーチモールディングにより、低重心感が強調されている。また、ボディカラーは500X Sport専用色となるセダクションレッドをはじめ、イタリアブルー、ジェラートホワイト、ファッショングレーの4色が設定された。

さらに、足回りには、独自の味付けが施されたスプリングとショックアブソーバーからなる専用サスペンションが採用されると共に、ステアリングにも専用チューニングが施され、回頭性が高められている。

そして、インテリアには、レースモデルのテイストを取り入れたアルカンターラ/レザー仕立てのステアリングホイールを装備するほか、メーターフードにもアルカンターラを採用。また、色はブラックを基調に、随所にダークな色調のアクセントカラーが組み合わされている。そして、シートは上質感が漂うブラックレザーとなるほか、シート高を500Xクロスに比べて13mm低く設定することで、スポーティな運転感覚が高められている。

500Xの高い実用性や安全性はそのままに、スポーティ感が強められた500Xスポーツは、運転を積極的に楽しみたい方に最適な1台となる。なお、既存の「500X」ならびに「500Xクロス」も併売される。

※商品サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/500x/sport/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!