オフもイケるジムニーのストリートチューン! テイストはオーナー次第【ジムニー天国2020】

2020/04/01 07:00

ルックス・乗り心地・オフ性能、三拍子揃ったナンブオートのJB64

ジムニーのストリートチューンにおいて、もしカテゴライズするならば、オフが走れるドレスアップマシンか、オフが走れないドレスアップマシンかと言う2択になる。

ルックスのみオフロードテイストで、乗り心地が良く通勤快速。普段使いには何一つ不自由しないのだが、オフでは全然大したことない。もしくは、同じようにルックスはオフロードテイスト、当然のように乗り心地がいい。さらに、オフロードに持ち込んでもバンバン走れる。ナンブオートのJB64は後者だ。

個性的なフェイスペイントにオフロードテイスト満点のスチールバンパーが、このジムニーのテイストを決めている。

今年のJB64は、前後をペニーレインのスチールバンパーに換装。昨年よりもさらにオフロードテイストを高めている。今回、ダンパーをタニグチ製のJB64専用ダンパーに変更。ストリートでの乗り味とオフロードでのしなやかさを両立。

フロントのスチールバンパーとのコーディネイトで、リヤにも小型のテールを備えたスチールバンパーを装備。

さらに、基本のコンセプトでもある、オフが走れるストリートチューンの通り、快適装備が充実している。ブリットのユーロスターIIを2脚、リアシートを同一仕様のシート生地に張り替え。流行りのシートカバーではなく本物志向だ。まだ装着車が少ないアームレストを装備。ロングドライブ時の疲労低減を実現している。

すでに、JB64で定番化しつつあるディーンのクロスカントリー。レトロな印象は、ファンが多いホイールだ。

ルックス的には、ショウワガレージのA-Xアルミルーフラックを装着し、アウトドアでの利便性とオフロードらしさを演出。

ロングドライブには必須なブリットのユーロスターII。贅沢にも2脚装着という豪華仕様。ホールド性能は抜群だ。

細かな部分ではスチール製バンパーに変更し、シャーシ部分が露出した場所を、ボディ色から艶消しブラックに塗装。この処理を行うことでスチール製のバンパーが引き締まり、見た目の印象がかなりイイ。

流行りのシートカバーではなく、ブリットのユーロスターIIと同一の生地で張り替えられた本物志向。

ルックスに対しての細かな気配りと、実戦で培ったサスペンション性能をバランス良くオンとオフに振り分け、両立を狙ったこのJB64。所有する喜びと、乗る楽しみを同時に満たすジムニーチューンだ。

まだ、JB64専用設計の物は少ないアームレスト。まるで、純正のようなフィッティングで、使い勝手も抜群だ。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!