【スクープ】「ラ・フェラーリ」の後継、その名は「種馬」?

2020/03/25 07:00

2022年の登場が期待される「スタローン・コンセプト」を大予想!

現在、フェラーリは初のクロスオーバーSUVとなる「プロサングエ(仮称)」を開発中。2025年にはピュアEVの発売も期待されているが、ハイブリッドスーパースポーツ、「ラ・フェラーリ」の後継モデルも注目されている。

今回は、グラフィックアーティストにして工業デザイナーでもあるマレー・シャープ氏の協力を得て、その予想CGを制作してみた。「フェラーリ・スタローン・コンセプト」(イタリア語で「種馬」の意味)と名付けられたプロトタイプは、ボンネットフードに鋭い角度のエアスクープを装備。そこに縦に釣り上がるLEDデイタイムランニングライト、カーボンファイバー製のアグレッシブなコーナーエアインテークを組み合わせる。

ボディサイドには大きくえぐられたエアインテーク、デジタルミラー、スポーティな5スポークホイールを装備。ラ・フェラーリの後継らしく新しさと躍動的なテイストが演出された。

一方、リヤにはカーボンファイバー製バンパーや過激なディフューザーなどを装備。ダックテール状のリヤスポイラーは、当然速度などの走行条件に応じてポジションを変えるアクティブ制御前提の造形だ。また、エキゾーストパイプがリヤガラス両再度の高い位置にレイアウトされることも特長的なポイントといえるだろう。

搭載が予想されるパワートレインは、V12気筒NAエンジンとKERSハイブリッドシステムの組み合わせ。最高出力は、1200ps程度が確保される模様だ。シャープ氏によると、フェラーリブランドの頂点であることはもちろん、ハイブリッドスーパースポーツとしては究極のパフォーマンスが与えられることになるという。この後継モデル、前述の車名はもちろん仮称の段階だが登場は2022年以降と噂されている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧