これぞ最強のMINIクラブマン! 限定車の「JCWクラブマンGPインスパイアード・エディション」が登場

H.Tanaka
AUTHOR
2020/02/17 12:30

予約受け付けは3月2日より。日本向けは120台限定!

BMWジャパンは、MINI史上最速モデルとして2019年に発表されたMINIジョン・クーパー・ワークス GPの走行性能と、MINIクラブマンの機能性を兼ね備えた「MINIジョン・クーパー・ワークス・クラブマンGPインスパイアード・エディション(以下MINI JCWクラブマンGP インスパイアード・エディション)」の予約注文の受付を、全国のMINI正規ディーラーで3月2日(MINIの日)より開始し2020年7月頃より順次納車を開始する予定となっている。また、世界限定299台のうち、日本へは120台の導入となる。メーカー希望小売価格(消費税込)は615万円となっている。

MINI JCWクラブマンGP インスパイアード・エディションは、MINI JCWクラブマンをベースに、「究極のスポーティー・ドライビングと、高い実用性の両立」をコンセプトに開発された限定車である。また、MINIのラインアップの中で最もパワフルな、最高出力306ps (225kW)、最大トルク450Nmを発揮する直列4気筒ツインパワー・ターボエンジンを搭載し、停止状態から時速100kmまで僅か4.9秒で到達するサーキット仕様のモデルとなっている。

そして、5名乗車可能な余裕ある室内空間や、最大1250Lのラゲッジスペース、4輪駆動システムなど高い機能性を備え、多目的に使用したいファミリー層にも適したモデルである。歴代のMINI GPモデルにインスパイアされたエクステリアカラーや、オリジナルパーツを多数装備し、MINI史上最も贅沢なモデルとなっている。

MINI JCWクラブマンGP インスパイアード・エディションには、その名に相応しく、歴代のGPを踏襲した極めてサーキット志向なオリジナル・デザインが採用されている。特に、ボディーカラーは、サンダー・グレー・メタリックにシルバー・ルーフ、チリ・レッドのミラー・キャップというMINI GP専用のコンビネーションとなっており、ヘッド/リアライト周りや、フロントグリルの縁取り、ドアハンドル、MINIエンブレムなどのパーツは全てピアノ・ブラックに統一している。

そして、サンダー・グレーのダークな色調とピアノ・ブラックの光沢感が組み合わさることで、スポーティーかつ都会的な印象となっている。また、Dピラーには「GP インスパイアード」のエンブレムが、サイド・エア・インテークおよびサイド/リア・ボディには、チリ・レッドの専用ストライプなどが施され、MINI GPならではのスポーティーなデザインを演出している。さらに、フロント・ フェンダーのシリアル・ナンバーは、限定モデルとしての個性を力強く主張し、足元には、大径の19インチ・ホイール JCWサーキット・スポーク2トーンを採用し、エクステリア全体をアグレッシブに引き締めている。

さらに、インテリアの専用のドア・シル・プレートと、アームレスト・カバーにも「GPインスパイアード」のエンブレムが施されており、室内からも限定車ならではのデザインを実感することができる。

運転支援機能も充実しており、ストップ&ゴー機能付のアクティブ・クルーズ・コントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなど安全運転をサポートする機能や、ヘッド・アップ・ディスプレイ、デイライト・リング付きのLEDヘッドライトが標準装備されている。

また、ナビゲーション・システム、リア・ビュー・カメラ、パーキング・ディスタンス・コントロール、パーキング・アシストなど、便利な機能も多数装備されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧