遠景も近景も楽しめる大人気の「天空の城」(兵庫県 竹田城跡)【雲海ドライブ&スポット Spot 61】

2020/01/26 12:00

日本のマチュピチュとも呼ばれる国内有数の雲海スポット

TV番組などでも数多く取り上げられ、「日本のマチュピチュ」「天空の城」と呼ばれる竹田城跡。雲海出現頻度はさほど高くないものの、その幻想的な姿から国内有数の人気雲海スポットになっている。

竹田城跡に雲海がかかるのは秋口から春にかけてで、最も濃い雲海が出現するのは11月下旬から12月上旬にかけて。城内の天守台あたりからの近景のほか、竹田城の東南にある朝来山の立雲峡に登れば、朝日を浴びて雲海の上にそびえる山城の姿も見ることができる。

上の写真が「日本のマチュピチュ」と呼ばれる天守台からの眺め。季節や時間帯によってさまざまな雲海風景を見ることがきる。

アクセスガイド

最寄りの和田山ICへは、中国道から播但連絡道経由でも、舞鶴若狭道&北近畿豊岡道経由でも行くことができる。和田山ICから竹田城跡入口までは約3.5km、立雲峡入口までは5km弱で、そこからは徒歩で登ることになる。

Data【Spot 61 竹田城跡】
雲海遭遇率 ★★
雲海の季節 秋〜春

◎所在地 兵庫県朝来市
◎観覧料 500円(竹田城跡)
◎入城時間 4:00~17:00(雲海シーズン/9月~11月)
◎ルート 県道277号など
◎駐車料金 300円(立雲峡)
◎冬季閉鎖 なし

徳川幕府の直轄鉱山として栄えた生野銀山。朝来にはこうした史跡も多いので、早朝に雲海を見たあとは市内観光も楽しめる。

観光情報

情報館 天空の城 TEL 079-674-2120

文:佐々木 節/撮影:平島 格

『雲海ドライブ&スポット』より転載。掲載データなどは2017年8月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧