革新的なバッテリーシステムを搭載! CES2020で「メルセデス・ベンツ・ビジョンAVTR」がデビュー

AUTHOR
2020/01/09 13:00

映画「アバター」とコラボレーション

1月7日、ダイムラーは同日に米国ラスベガスで開幕した世界最大級の国際家電見本市「CES 2020(コンシューマー・エレクトロ二クス・ショー2020)」において、未来の持続可能なモビリティを示す自動運転EVコンセプト「メルセデス・ベンツ・ビジョンAVTR」を初公開した。

ビジョンAVTRは、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画「アバター」とのコラボレーションによるもので、人間、機械、そして自然界をかつてない方法で結びつけるというコンセプトのもとに生み出された。ドライバーとドライバーの周囲の環境、そしてモビリティと大自然との調和についての、これからのあり方を提示している。

デザインは自然界からインスピレーションを得たもので、「ワン・ボウ(1本の矢)」をモチーフとしたスタイリングに球形のキャビンを組み合わせる。リヤパネルには、全方位の移動を可能にする「バイオニックフラップ」を搭載。33個のバイオニックフラップと特殊なタイヤにより、車両は前後方向だけでなく、斜め方向や「カニ走り」のように真横に走行することも可能だ。

キャビンでは、新しいユーザーエクスペリエンスコンセプトを導入。すでに発売されている「A/Bクラス」、「CLA」などに採用されている対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」をさらに発展させたもので、手のひらに投影させたメニューを選択することであらゆる機能を直感的に操作できる。

ドライバー自身が運転操作する場合は、センターコンソールに設置されたマルチファンクションコントロールエレメントを用いる。ドライバーはこのエレメントに手を置くだけで、直感的に車両をコントロールすることが可能だ。

技術的なトピックとしては、リサイクル可能な材料で作られた有機バッテリー技術が挙げられる。希土類と金属を含まないグランフェン(カーボンナノ素材)ベースの有機電池化学で開発された新しいバッテリーで、原材料を堆肥化できるため完全なリサイクルが可能となる。この技術によって、同社は化石資源から独立する姿勢を強調。将来は原材料における循環経済を促進させる方針だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!