【スクープ】目玉は400㎰を発揮するプラグインHV! ボルボの旗艦、「S90」が初の大幅改良へ

2020/01/04 09:00

エクステリアも前後回りを中心にリファイン

ボルボのフラッグシップセダン、「S90」の改良版とおぼしきプロトタイプがカメラに捉えられた。現行S90は、2016年のデトロイト・ショーで初公開。同社の新世代プラットフォーム、「SPA」を採用した最初のセダンで、日本では2017年2月に限定500台が発売されている。

キャッチされた開発車両はフロントバンパーおよびテールラート周辺、エキゾーストシステムがカモフラージュされている。このことから、外観は前後回りのデザインやグラフィックが刷新されている可能性が高い。実際、ヘッドライトはシルエットこそ同じだがLEDを目立たせ、わずかだが内側のランプも形状が異なっているように見える。

今回、撮影こそ叶わなかったがキャビン内もアップデート。統合されたGoogleアシスタント、その他接続サービスが備わるAndroidベースの最新インフォテイメントシステムが搭載される予定という。

ハードウェア面の目玉は、プラグインHVモデルの強化。2L直列4気筒ターボ+スーパーチャージャー+電気モーターを組み合わせる「T8」は、最高出力が400psにまで高められるという。そのワールドプレミアは、2020年内という説が有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!