新開発パワートレインを採用! スズキが「ワゴンR」シリーズをマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/26 15:30

衝突被害軽減ブレーキなどの運転支援装備も充実

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を一部仕様変更。2020年1月20日より発売する。また、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー昇降シート車」もベース車と同様に仕様変更し2020年2月4日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、ワゴンRが1,098,900円~1,544,400円。ワゴンRスティングレーは1,501,500円~1,776,500円で福祉車両ウィズシリーズが1,393,000円~1,699,000円となる。

今回の一部仕様変更では、前後の衝突被害軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーがCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定され安全装備が充実した。また、新開発のR06D型エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用。軽快な走りと、低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現しているという。

ワゴンR、ワゴンRスティングレーは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!