【嶋田智之の月刊イタフラ】アルピーヌA110の高性能版に乗ってきました!

嶋田智之
AUTHOR
2019/12/07 18:00

全開ドライブを極めたいなら“S”でしょ!

アルピーヌA110の高性能版、A110S。ポルトガルで開催された国際試乗会で乗ってきました。「S」がスタンダードA110と大きく異なるのは、まずエンジン。ブースト圧を高めるなどの手が入り、最高出力は292ps/6400rpm、最大トルクが320Nm/2000-6400rpmとされたこと。そしてシャシー。スプリングのレートがフロント30Nmから46Nmへ、リア60Nmから90Nmへと1.5倍硬くなり、中空のアンチロールバーの素材の厚みが2mmから3mmへと厚くなって直系もフロント18.5mmから23mm、リア19.5mmから23mmへと太くなり、約2倍の強度を得たこと。ダンパーはもちろん最適化され、ポリウレタン製バンプストップの形状と硬さが変更。車高は4mm低められ、タイヤも“S”専用開発のミシュラン・パイロットスポーツ4を履き、スタビリティコントロールなどの電子制御系のセッティングも変更……と、全面的に見直されていますね。

どうだったのかといえば、サーキットでは感涙しちゃうほど楽しかったし気持ちよかったのでした。エンジンは40psの違いよりも、むしろトップエンドまでツマリなく伸びていく性格、とりわけ中回転域から高回転域での素早い伸びと、パワーやトルクがはっきりと体感できるのが嬉しいところ。いいエンジンに仕上がってます。

一方シャシーはといえば、スタビリティがべらぼーに高くなっていて、コーナリングスピードも体感的には10%以上は高くなっていると感じられるほど。スタンダードA110なら後輪が滑りはじめるだろうあたりを超えても、4つのタイヤはしっかり路面を捕らえたままグイグイ曲がっていきます。といってベタベタにグリップするだけのクルマじゃなく、然るべきドライビングをすれば後輪はちゃんと、それも極めてマナーよく滑ってくれます。しかも一連の動きは驚異的に解りやすい。スタンダードA110によく似てますが、そのときのスピードの高さと、スライドが比較的早めに収束して前へ前へと進んでいこうとするところは違ってます。その分だけ乗り心地も締まった硬めのものになってますけど、サーキットとか峠を堪能したい人はこっちですねー。

ル・ボラン2020年1月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!