最新版「ルノー・トゥインゴ」にキャンバストップ仕様が追加

H.Tanaka
AUTHOR
2019/11/27 17:00

「ルノー・トゥインゴ」キャンバストップのボディカラーは全5色をラインアップ

ルノー・ジャポンは、今年マイナーチェンジした「ルノー・トゥインゴ」のラインアップにオープンエアが楽しめるキャンバストップモデルを新設定。12月5日より、全国のルノー正規販売店で販売する。消費税込みの車両本体価格は2,106,000円だ。

”パリが仕立てたコンパクトカー”を標榜するトゥインゴは、今年行なわれたアップデートで最新のパリのデザインやライフスタイルに調和するエクステリアを新採用。機能面では、スマートフォンのミラーリング機能の採用で7インチタッチスクリーンから各種機能にアクセスすることが可能に。同時にSiriやグーグルアシスタントを利用した音声での操作も可能な、マルチメディアの「イージーリング」が搭載された。また、安全装備では車線逸脱警報(LDW)、タイヤ空気圧警報が装備されている。

そんな最新のトゥインゴに、ワンタッチでルーフの大部分が開閉しオープンエアが楽しめるキャンバストップモデルが新設定。ボディカラーには、ジョン・マンゴー、ブルードラジェ、ヴェール・ピスタッシュ、ブラン・クリスタル、ルージュフラム・メタリック(税込41,000円高)の5色がラインアップされる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧