【スクープ】ついに「三菱アウトランダー」がフルモデルチェンジへ! 8年ぶりの新型は「日産エクストレイル」と兄弟になる?

2019/11/13 11:00

エクステリアは「エンゲルベルク・ツアラー」を思わせるデザインに

三菱のミッドサイズSUV、「アウトランダー」の次期型に関する情報を入手した。初代アウトランダーは、「エアトレック」の後継として2005年にデビュー。2012年には衝突安全強化ボディ「RISE」を採用した2代目が発売されているが、8年の月日を経てついに3代目へとバトンタッチされる。

現行アウトランダー

そのプラットフォームは、日産&ルノーと共同開発。次期「エクストレイル(海外名はローグ)」と共有され、事実上の兄弟モデルとなる模様だ。今回は現在までに得られた情報をもとに予想CGを作成してみたが、エクステリアは今年発表された「エンゲルベルク・ツアラー」をベースとしたデザインを採用。フロントマスクは、現在の三菱デザインで主流となっている「ダイナミックシールド」を進化させた造形となる。薄く長いターンシグナルとLEDデイタイムライトがヘッドライトに組み込まれ、グリルの押し出し感が強調されるだろう。

現行アウトランダー

一方、ボディサイドはエッジの効いた上下のキャラクターラインとタイヤハウスラインで立体的な面構成を演出。リヤエンドについては、エンゲルベルク・ツアラーからインスパイアされた細長いテールライトが採用されるようだ。

現行アウトランダー

搭載するパワートレインは、2.4L直列4気筒ガソリンエンジン+デュアル電気モーターのPHEV。EV航続距離は、43マイル(約68.8km)程度と予想されている。そのワールドプレミアは、最速で2020年夏となる模様だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧