キャラクターが一層鮮明に! 「MINIクラブマン」がアップデート

AUTHOR
2019/10/08 10:00

ユニオンジャックデザインのリアランプを採用。英国らしさ際立つ

10月2日、ビー・エム・ダブリューは一部改良を受けた新型「MINIクラブマン」を発売した。モデルラインアップおよび車両価格は以下のとおり。

●新型「MINIクラブマン」モデルラインナップ
・ONE:3,300,000円
・バッキンガム:3,500,000円
・クーパー:3,910,000円
・クーパーD:4,110,000円
・クーパーS:4,320,000円
・クーパーSD:4,540,000円
・クーパーSオール4:4,550,000円
・ジョン・クーパー・ワークス:5,680,000円
※価格は消費税10%込み

新型のエクステリアは、クローム等のデザインエレメントをラジエーター・グリル全域に拡張し、より洗練され、かつダイナミックな印象を与えるフロントデザインに変更。また、LEDデイライト・リングは、点灯部分が下部で途切れていた従来のデザインから、円として繋がったデザインに変更され、MINIのデザインアイコンである丸目を強調するものとなった。

さらに、LEDリヤ・コンビネーション・ランプをユニオン・ジャックのモチーフとしたデザインに刷新するなど、英国生まれのMINIらしさを際立たせるデザインに。また、ミラー・キャップには空気抵抗を低減する新デザインを採用し、よりスタイリッシュに仕上げられている。

パワートレインでの変更は「ONE」、「バッキンガム」、「クーパー」、「クーパーS」には新たに7速DCTを搭載。「クーパーD」、「クーパーSオール4」、「クーパーSD」、「ジョン・クーパー・ワークス」には従来モデルに続き8速スポーツATを搭載するが、いずれのトランスミッションも電子制御式シフトセレクター「シフト・ショートノブ」が採用されている。

MINIジョン・クーパー・ワークス・クラブマン

運転支援システムでは、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)や前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキが「ONE」と「バッキンガム」を除く全車に標準装備されたほか、オプションでリヤ・ビュー・カメラやパーキング・アシスト、PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)が設定されている。

また新型では、上質な世界観を演出するオプション・プログラム「MINIユアーズ・スタイル」を新設。パッケージ・オプションが一新された。これにより、多彩なパッケージから内外装を自分好みに演出することができる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧