最強の“X”、BMWが新型「X5 M」と「X6 M」を発表

AUTHOR
2019/10/03 14:00

625ps仕様の高性能版「コンペティション」を設定

10月2日、BMWは「X5」、「X6」のトップパフォーマンスモデル「X5 M/X5 Mコンペティション」、「X6 M/X6 Mコンペティション」を発表。11月22日に開幕するロサンゼルス・オートショー2019で初公開することを明らかにした。欧州を皮切りに2020年4月から発売される予定だ。

X5 Mコンペティション

両モデルに搭載される4.4L V型8気筒ツインターボエンジンは、「X5 M」、「X6 M」で600ps/750Nmを発揮。8速AT(Mステップトロニック)とMモデル専用設計の4輪駆動システム「M xDrive」 を組み合わせることにより、0-100km/h加速タイムは両車ともに3.9秒をマークする。

X6 Mコンペティション

さらに新型では、高性能版の「コンペティション」を設定。エンジンの最高出力は625psにまで高められ、3.8秒の0-100km/h加速を実現している。

高性能エンジンの搭載に伴い、MサーボトロニックステアリングやMダイナミックモードを含むDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)、M仕様の電子制御ダンパーといったアイテムを組み合わせ、卓越したパフォーマンスを実現。Mライトアロイホイールを採用したホイールサイズは「X5 M」、「X6 M」で前後21インチ。コンペティション仕様ではリヤ用が22インチとなる。

走行モードには「Mモード」を新設。このモードはサーキットトラックなどで、車両のポテンシャルを最大限に引き出せるもので、各種運転支援機能がオフまたは最低限に制限されるほか、メーターパネルやヘッドアップディスプレイの表示が専用画面となる。

エクステリアではフロントバンパーやキドニーグリル、フロントフェンダー後方に設置されるMギル、ルーフ&リヤスポイラー、ディフュザーエレメント付きリヤエプロン、ツインテールパイプのエキゾーストシステムが、一方インテリアではMマルチファンクションシートやステアリングホイールなどに装着されるMバッジが、Mモデルを主張している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧