こんなコーデはいかが? ロールス・ロイスがカラフルなコレクションを披露!

AUTHOR

モントレー半島に咲く野花の色をボディカラーに採用

ロールス・ロイスは、先週カリフォルニアで開催されたイベント群「モントレーカーウィーク」において、「ペブルビーチ2019コレクション」を発表した。

このたび13台の特別なモデルが披露されたのだが、なかでもゴーストやレイス、ドーンをベースに仕立てられた「ペブルビーチ2019パステルコレクション」はひと際目を引く。

ペブルビーチ2019パステルコレクションは、モントレー半島に咲く野花のカラーをそのままボディカラーにしたような華やかな色合いが特徴だ。

「ライトグリーンソリッド」と名付けられた淡い緑色のボディをまとうゴーストは、ブラックを基調とした内装を組み合わせる。

淡いピンク色「コーラルソリッド」にボディをペイントしたドーンは、アークティックホワイトとサンセットの2トーンの内装で、華やかさやアグレッシブさを演出。

レイスには淡いイエロー、「セマフォイエロー」を採用。セルビーグレー/レモンの内装が組み合わされ、太陽の日差しのような明るいボディを引き立たせている。

これらペブルビーチ2019パステルコレクションでベースとなったモデルは、それぞれ「ブラックバッジ」仕様をベースに仕立てられている。ブラックバッジが単純にブラックにこだわる仕様ではなく、新たな可能性を広げるビスポークであることを示すためだという。

今回発表されたパステルのボディカラーは、今後ブラックバッジ仕様にラインアップされるとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧