【チビカメKeigoのラリー漫遊記】ヨーロッパ選手権ポーランド編(その1)

山本 佳吾
AUTHOR
2019/08/14 14:30

やたらと高い平均速度と熱狂的なギャラリーが魅力のラリーなのだが……

日本の夏が世界一暑いと信じてやまないけど、今年はヨーロッパもめちゃくちゃ暑かった。南仏で40度越えなんてニュースが流れている中、ボクはニュルブルクリンクにいました。ほんとに40度近くで、もう何もやる気が起こりません。唯一の救いは日本と違って湿気が少ないこと。おかげでエアコン無しの宿でもなんとか過ごせました。で、そんなドイツからポーランドの首都ワルシャワへ移動。今回はERCラリー・ポーランドのお話しです。

1時間以上遅れて離陸したポーランド航空の真っ白な737。機内はかなりボロかった。

ちょっと北だしドイツよりは涼しいかな、と期待してたんですが、沖留めされた飛行機から降りた途端、熱気がまとわりついてきました。あかん、ここも暑いやん……。定刻より1時間以上遅れたことに加えて、それまでの取材の疲れもあって、やっぱり何もやる気が起こりません。荷物を引き取ってひとまず列車でワルシャワ中央駅へ。ラリーのホストタウン、ミコワイキへはワルシャワから車で約3時間。地図を確認したら半分以上が下道でした。そこでミコワイキから西へ約80キロのオルシュティンという街までワルシャワから列車で移動することにしました。

続いてこちらは待てども待てどもやって来ない列車を待ち続けた灼熱のワルシャワ中央駅。

列車自体は快適そのもの。奮発して1等車にしたけど約3000円ぐらい。乗車時間は約3時間。

ポーランドもポーランド国鉄も初めて。日本を出発する前にwebから指定席の予約をしておきました。他のヨーロッパ諸国の鉄道と同じく、英語さえ理解できればめちゃくちゃ簡単に予約できました。JRのえきねっとと大違い!ただ、良いことばかりではありません。日本のようにダイヤ通りに列車が来ることはほぼあり得ません。今回ボクが乗った列車も約1時間遅れでワルシャワに到着しました。いつ来るか分からないから、暑いホームで待ちぼうけ。ジワジワと体力が消耗していきます。列車に乗ってしまえば快適な旅。乗り鉄旅をたっぷり堪能しました。

 

こちらがオルシュティン駅。パタパタの表示もあって、なんだか昭和の雰囲気でしょ?妙に落ち着きます。

オルシュティンは第二次大戦でソビエト軍によって破壊されたのですが、戦後に再建。とくに旧市街は美しい街並みが広がってました。ゆっくり滞在したいところですが1泊で出発。ポーランドだけど昭和な雰囲気で、なぜだか懐かしい感じの駅前でレンタカーを借りてミコワイキを目指します。ミコワイキ周辺には湖がたくさんあって、観光客がいっぱい。どうりで宿がどこもいっぱいだったわけだ。今回のお宿はマンションの1室。1階は工具屋さんで、その一角がフロントっていうなんとも変わったお宿だけど、部屋は綺麗だしなんといってもエアコンがあるので超快適! そのまま昼寝したい気持ちを抑えてまずはサービスパークの偵察に向かいます。

ゴルフ2にシャコタンのNBロードスターにセイチェント。ボク好みな車が3台揃ったので撮ってみました。

こちら、東欧のラリーではおなじみのLADA2107。カクカクしたボディーが大好物。

ラリー・ポーランドは2年前までWRCの1戦として開催されていました。今はERCとポーランド選手権として開催されています。ポーランド選手権にはヒストリック部門があって、なんとも魅力的なクルマがいっぱい。こちらは次回紹介したいと思います。ポーランドのステージの特徴は、なんと言ってもやたらと高い平均速度と熱狂的なギャラリー。まあそれが仇となってWRCから外れたとも言えるんだけど……。

GC8インプレッサは世界中で人気者。こちらはGr.Aスペックで製作された1台。

スタートはミコワイキの中心街で。通りすがりの観光客もいっぱいでした。

最近は何事も事なかれ主義で、あれもダメこれもダメで、ギャラリーもカメラマンも規制がどんどん厳しくなっています。昔みたいにラリー車に手が触れそうなぐらい近くで観戦するなんてほとんど無理なんですが、ポーランドのギャラリーはすげー近くで観戦していて、ボクもビビるぐらい。だけど、これがラリーだよなあ、なんて思ったりもするのでした。

ジュニアカップに参戦中の新井大輝イルカ・ミノア組。ヒロキの友人達がエストニアから駆けつけてました。

ラトビアに続いてポーランドのゼロカーもGC8。

ミコワイキ周辺は湖がいっぱい。一大リゾート地でした。

ラリー・ポーランド名物のひとつがジャンプ!ロシアンロケットことアレクセイ・ルクヤヌクはキレイな姿勢で飛距離もたっぷり。貫禄の走りで優勝です。

車スレスレの距離で観戦する人もいれば、ピクニック気分で観戦する家族もいたりと、日本と違ってみんな慣れてるというか、ガツガツしてないというか。羨ましい環境です。

宿からの風景。夏のヨーロッパは陽が長いからついつい働きすぎがち。適当に切り上げないと気づいたら深夜なんてことも。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧