車内が巨大スクリーンに? メルセデス・ベンツが「MBUXハイパースクリーン」を発表!

AUTHOR

「MBUXハイパースクリーン」は全幅141cmの同社史上最大のヒューマンマシンインターフェイス。ナビや電話など、必要と思われるアプリを自動表示によってAIが提案

ダイムラー(メルセデス・ベンツ)は、1月11日からオンラインで開催されている世界最大級のIT家電ショー「CES 2021(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2021)」において、「MBUXハイパースクリーン」を発表した。

次世代電動ラグジュアリーサルーン「EQS」で初搭載が予定されているMBUXハイパースクリーンは、シームレスに統合された3つのディスプレイで構成。全幅は141cmにおよび、インパネのほとんどを覆うようにディスプレイが配置されたメルセデス・ベンツ史上最大のヒーマンマシンインターフェイスだ。これは同時に最もインテリジェントで、操作も簡単だという。

AI(人工知能)の活用により、ディスプレイとオペレーティングシステムはユーザーに完全に適応。状況に応じてエンターテイメント、快適性、車両機能においてユーザーに提案する。

ユーザーはアプリケーションにアクセスするために、サブメニューをスクロールしたり、音声コマンドを入力する必要はない。同社はこれを「ゼロレイヤー」と呼ぶ。ナビゲーションや電話といった重要なアプリケーションは、状況に応じてトップ画面に自動表示することでユーザーに提案する。重要なアプリケーションは、シートのマッサージ機能や「To Doリスト」まで、20を超える。

このMBUXハイパースクリーンには、触覚フィードバックを得るために合計12個のアクチュエーターがタッチスクリーン下部に搭載されるほか、8つのCPU、24GBのRAM、46.4GB/sのメモリ帯域幅を有している。

これに加えて同ショーでは、MBUXの新機能となる「メルセデス・トラベルナレッジ」が発表された。ナビゲーションに目的地を設定した走行中に、通過している付近の施設を問いかければ、MBUXは詳細な情報を、音声ガイドとディスプレイ表示によって教えてくれる。この機能は「EQS」のほか、新型Sクラスでも利用できるようになる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!