ロータス注目のSUV「エレトレ」、価格や仕様の詳細が発表に!現在好評受注中、デリバリーは今年秋以降

全ての画像を見る

ベースグレードを追加、魅力的な価格設定に!

ロータスはオール・エレクトリック・ハイパーSUV「エレトレ」の最新仕様と価格オプションを発表した。

エレトレは、ロータスが新たに提案するパフォーマンスSUVの最初のモデル。先進のアクティブ・エアロダイナミクスにおけるロータスのデザインノウハウと最新テクノロジーを融合させ、運転する楽しさ、多様性、日常使いでの実用性を兼ね備えた車を提供するという。 同車は2023年9月から注文を受付けており、顧客へのデリバリーは今年の秋以降に開始される予定だ。エレトレの概要は以下の通り。

SUVの快適さの中に、スポーツカー・レベルのパフォーマンス
世界で最もパワフルなSUVのひとつであり、0-100km/h加速は3秒以下。エレトレRは、918psのパワーと985Nmのトルクを備え、ベンチマーク(0-100km/h)のスプリントをわずか2.95秒でカバーし、265km/hに達することができる。

また、エレトレは超高速充電により、わずか20分で航続距離250マイル、350kW-DC急速充電器では最大航続距離600㎞に達する。
※ただし、日本では高速充電環境が異なるため、充電時間は各充電器の性能による。

究極のパフォーマンスを実現するアクティブ・エアロダイナミクス
エレトレには、ツアー、レンジ、スポーツ、オフロード、インディビジュアル、トラック(エレトレRのみ)など、最大6つの走行モードが設定されている。全車に6ピストンキャリパーでクランプされた414mmの強力なスチール製ブレーキが標準装備され、さらにエレトレS、エレトレRには大径の10ピストン420mmカーボンセラミックオプションも用意。

すべてにゆとりのある空間
広々とした実用的なキャビンは、フロントシート、リアシートともにヘッドルーム、レッグルームともに十分な広さがあるという。車体後部のミドルシートを含む折りたたみ可能なシートは、シートを倒すとアームレストになり、2つの展開式カップホルダーを備える。また、最大54.1立方cm(1,532L)のリア・トランク容量を備え、ドライバーのあらゆるニーズに応える十分な収納力を備えるとのこと。

新しいラグジュアリー・トラベル・エクスペリエンス
エコニール、アルカンターラ、リ・ファイバーなど、サステイナブルな素材を使ってデザインされており、モダンで洗練されたインテリアは、エントランスや旅のすべてをラグジュアリーに演出するという。

ドライバー体験を高めるように設計された次世代イノベーション
2つのNVIDIA DRIVE Orinチップ、12カメラ、18レーダー、4ライダーの34センサーなど、最新技術を搭載。オーバー・ザ・エアー・アップデートにより、ロータスは車両のライフタイムを通じて継続的に改善することで、ドライバーは最高のドライビング・エクスペリエンスを楽しめるとのこと。

没入感のある最先端のインフォテインメント体験
15.1インチの有機ELタッチスクリーンディスプレイを含む7つの設定可能なスクリーンを備えたエレトレはHyperOSを搭載し、シームレスでラグのないインフォテインメントシステムを提供するという。

また、KEFのユニークなUni-Qスピーカー設計とUni-Coreサブウーファーエンクロージャーを車載オーディオシステムに取り入れ、「レコーディングスタジオの真ん中に座っているかのような臨場感あふれるフルボディのオーディオ体験」が得られる。乗員全員が、どこに座っていても同じように詳細で自然なサウンドを楽しむことができるとのこと。

各モデルの価格は…
エレトレ全モデルに、シナバーレッドを含む7色のカラーバリエーションを用意。日本ではエレトレ、エレトレS、エレトレRの3つのグレードがラインナップされる。

エレトレ Sは今回の仕様変更で最も充実した仕様となっており、ガラスルーフ、コンフォートシートパック(5人乗り)、アコヤホワイトペイントが標準装備。

車両本体価格はエレトレが15,059,000円、エレトレSで18,161,000円、エレトレRでは22,154,000円となる(いずれも税込)。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!