伝説のスーパーカー、ランボルギーニ・カウンタックの全てを網羅したディープな1冊が誕生!

1974年に市販車がデビューし、2024年でちょうど50周年を迎えた伝説のスーパーカー、ランボルギーニ・カウンタック。その全てを網羅したムック『カウンタック・レジェンズ』がネコ・パブリッシングから発売中。本書はその全歴史を網羅しつつ、これまで出版されたどのカウンタック本よりもディープな内容を目指したものとなっている。

『カウンタック・レジェンズ』表紙と目次

本書の特徴

1:世界初、ウルフ・カウンタック1&3号車の共演!

世界初、ウルフ・カウンタック1号車&3号車の共演!

こちらのA2サイズポスターが特別付録に!

この車両を製作したウォルター・ウルフ氏本人の手元でも実現したことのないと言われる、いわゆるウルフ・カウンタックの1号車と3号車の初共演が誌上で実現。さらに特別付録としてその2ショット写真がA2ポスターとなている。

2:謎多き2台、ウルフ・カウンタック3号車とLP500Rの詳細!

ウルフ・カウンタック3号車

ランボルギーニ・カウンタックLP500R

これまでベールに包まれることの多かったウルフ・カウンタック3号車とLP500Rを完全撮り下ろし。その謎に迫っている。特にウォルター・ウルフ氏本人のコメントを交えてまとめたウルフ・カウンタックの全歴史は、必見の内容となっている。

3:新規取材率、90%以上!

カウンタックの全歴史を新規書下ろしで網羅しつつ、物理的に撮影が不可能な数台(LP500、エボルツィーネなど)を除き、基本的には全てを新規撮り下ろし。いわゆるアーカイブ本ではないことが注目だ。

4:イオタ白書を作った元ROSSO編集長が渾身編集!

今でもランボルギーニ・マニアが伝説の1冊にあげる、2009年に『イオタ白書』を編集したスーパーカー雑誌ROSSOの元編集長が編集を担当。今回もマニアを唸らせる内容になっている。

 

掲載内容

■プロローグ:ファインダー越しに鳥肌が立った日
■特集:伝説のカウンタックたち
伝説を牽引した、スーパーカー少年羨望の1号車
ウルフ・カウンタック3号車に到るまでの全歴史
謎のカウンタック、LP500Rの謎を解け!
■コラム:カウンタックの内装を担当した職人の声
■完全版:カウンタックの全歴史
LP500/LP400/LP400S/LP500S/LP5000 Quattrovalvole/Anniversary/Evoluzione/L150/LPI800-4
■人物列伝
フェルッチオ・ランボルギーニ/ジャンパオロ・ダラーラ/マルチェロ・ガンディーニ/パオロ・スタンツァーニ/オラチオ・パガーニ/ルイジ・マルミローリ
■JGTCを走ったレーシング・カウンタック
■コラム:父スタンツァーニの意思を継いだB&B
■編集後記/編集スタッフ&協力者一覧
■ウォルター・ウルフさんからのメッセージ

Countach Legends
(カウンタック・レジェンズ/特別付録:A2ポスター)
■定価:2,980円(本体2,709円)
■発行年月日:2024年3月28日
■発売元:ネコ・パブリッシング
https://amzn.to/48MFolk

■関連記事

平井大介
AUTHOR
2024/04/12 09:00

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!