EVがますます便利に! アウディ、「e-tron」店舗設置の急速充電器を150kW出力にアップグレード完了・運用開始

「プレミアム チャージング アライアンス (PCA)」全体で163基の150kW急速充電器が本格稼働

アウディジャパンは、アウディe-tron取扱店に設置済みの86基のCHAdeMO規格急速充電器のアップグレードを完了し、150kW出力での運用を開始した。

本取り組みは、アウディがポルシェ、フォルクスワーゲン ジャパンと共に進める「プレミアム チャージング アライアンス (PCA)」として、3ブランドのBEV(電気自動車)モデルのオーナー向けに提供する充電サービスを拡充するもの。

アウディでは、2022年8月から導入を始めていた150kW急速充電器「アウディ ウルトラ チャージャー」のソフトウェアのアップグレードを完了し、150kWの本格的な稼働が可能となった。同様にポルシェでも、急速充電器「ポルシェ ターボチャージャー」の150kWへの移行が完了しており、合計163基で150kW急速充電器の運用を開始する。

PCA加盟ブランドのBEV「e-tron」「タイカン」「ID.4」をより短時間で充電することができ、ユーザーの利便性が高まりまった。なおアウディでは、2024年上半期までにe-tron店に設置のすべての充電器を、150kW急速充電器とする予定だ。
PCAについての最新情報URL: https://pcajp.com/ 

ウディの電動化戦略Vorsprung2030について
AUDI AGは電動化戦略「Vorsprung2030 (フォアシュプルング2030)」に基づき、持続可能なプレミアムモビリティを提供する企業への変革を続けており、2033年以降は全モデルの販売を電気自動車とする計画のもと、今後2025年までに10車種以上の電気自動車を導入予定。日本市場では2023年9月より、新たに「アウディQ8 e-tron」「Q8 スポーツバック e-tron」を、同12月より「SQ8 スポーツバック e-tron」を発売している。

■関連記事

2023/12/21 12:30
 | EV

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!