よりデジタルに、より豪華に、より効率的に。新型「パナメーラ」、第3世代となるスポーツラグジュアリーセダン

全ての画像を見る

刷新されたパナメーラは、斬新で表現力豊かなデザイン、そしてダイナミックなパフォーマンスと快適なドライビングが楽しめる一台に

よりパワフルなE-ハイブリッド・パワートレイン「パナメーラ ターボE-ハイブリッド」[燃料消費量*複合値(WLTP)1.7-1.2L/100km、CO₂排出量*複合値(WLTP)38-26g/km、電力消費量*複合値(WLTP)29.9-27.5kWh/100km、電力航続距離*複合値(WLTP)76-91km、市街地での電力航続距離*複合値(WLTP)83-93km]とハイスペックな新サスペンションシステムは、このセグメントで最もダイナミックなセダンを提供するという主張を強調している。

「ポルシェ・パナメーラ」は、ついに第3世代に入る。このスポーツカーメーカーのラグジュアリーセダンは、さらにパワフルな駆動システムによって、そのスポーツ性を強調している。その特徴は、根本的に現代化された操作コンセプトと、革新的なテクノロジーの数々によってさらに強調されているといえる。

【写真58枚】快適性を大幅に向上させた、新型「パナメーラ」 

新しいポルシェ・アクティブライド・サスペンションシステムは、ポルシェが得意とするスポーティなドライビング特性に加え、快適性を大幅に向上させた。「ポルシェ コミュニケーション マネージメント (PCM)」には、ユーザー独自のデジタルエコシステムが統合され、クルマとの新しい関わり方が提案されている。

テクニカルでありながらエレガントでダイナミックな新型パナメーラのデザインは、モデルラインの魅力的なプロポーションに新鮮なアップデートを与えている。幅広いドライバーアシスタンスシステムと、根本的に再設計されたドライバー中心のインテリアが、ドライビングエクスペリエンスを向上させる。

最先端のサスペンションシステムによる優れたフィーリング
新型パナメーラには、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)付デュアルチャンバー2バルブ・エアサスペンションがすでに標準装備されている。この2バルブテクノロジーは、ダンパー制御の伸側と圧側を分離することで、快適性とスポーティさの間の幅をさらに広げている。

このシステムは、横方向の継ぎ目や路面の損傷による衝撃を顕著に緩和すると同時に、ダイナミックなドライビングシーンにおける車体の安定性をより確実なものにしている。オプションのオールホイールステアリングにより、クルマのハンドリングはさらに向上させた。

さらに、新型パナメーラのE-ハイブリッドモデルには、革新的な「ポルシェ アクティブライド アクティブサスペンションシステム」がオプションで用意されている。このシステムは、関連するすべてのパラメーターにおいて、ほかのサスペンションコンセプトを凌駕し、ドライビングコンフォートとドライビングダイナミクスの間にかつてない幅をもたらす。

その基盤となっているのが、電動油圧ポンプに接続された新開発のアクティブ・ショックアブソーバーだ。これにより、ダンパーの容積を需要に応じて変化させ、ボディとホイールの間に、電光石火の速さで、高精度で的を絞った力を発生させることができる。軽量化されたシングルチャンバー・エアサスペンション・システムが、このテクノロジーを補完している。

このシャシーは、ダイナミックなブレーキング、ステアリング操作、加速操作の最中でも、パナメーラのボディを常にフラットに保つ。滑らかな乗り心地で、システムは段差のショックをほぼ完全に吸収してくれる。ダイナミックなドライビングシーンでは、ポルシェアクティブライドサスペンションシステムがホイール荷重をバランスよく配分することで、路面との完璧な接続を実現する。

対応するモードを作動させると、サスペンションはピッチングやローリングの傾向を過剰に補正し、乗員に作用する加速力を低減。このセッティングでは、新型パナメーラはバイクのようにコーナーに進入。加速時にはフロントを、減速時にはリアを引き下げる。静止時には、ポルシェ・アクティブライド・サスペンションシステムが、乗り降りしやすい高さまで車体を持ち上げる。

さらなるE-パフォーマンスと包括的に刷新されたエンジン
ポルシェは、新型パナメーラに合計4種類の効率的なE-ハイブリッドパワートレインを設定。すべてのE-ハイブリッドモデルは、より優れたパフォーマンス、航続距離、効率を実現。パナメーラ ターボE-ハイブリッドは、市場導入の準備が整った。

パワートレインの心臓部は、根本的に改良された4L V8ターボエンジンだ。新開発の電気モーターの出力は140kW(190PS)。両者を合わせたシステム出力は500kW(680PS)。システムトルクは930Nmに達する。ポルシェは、包括的に再設計された8速PDKデュアルクラッチトランスミッションのハウジングに電気モーターを組み込んでいる。

別個のEモーターハウジングを使用することで、約5kgの軽量化を実現。また、トランスミッションのオイル回路にユニットを統合することで、電気駆動ユニットの熱バランスが最適化され、電気モーターからより高い連続出力が得られるようになった。

パナメーラ ターボEハイブリッドは、100km/hまで3.2秒で駆け抜け、最高速度は315km/hを誇る。バッテリー容量は25.9kWh。これにより、WLTP複合モードで91km、市街地モードで83~93kmの航続距離を実現する。新しい11kWの車載AC充電器により、適切な充電ポイントでの充電時間は2時間39分に短縮された。

また、パナメーラと「パナメーラ4」のヴァリアントも発売時に用意される。ブースト圧、燃料噴射流量、点火時期の変更により、2.9L V6ターボエンジンの性能が最適化された。このエンジンの最高出力は260kW(353PS)、最大トルクは500Nmとなり、先代エンジンに比べて17kW(23PS)、50Nm向上している。

これにより、パナメーラの100km/hまでのスプリントは5.1秒に短縮され、最高速度は272km/hに向上した[パナメーラ:燃料消費量*複合値(WLTP)10.5-9.6L/100km、CO2排出量*複合値(WLTP)239-219g/km]。全輪駆動のパナメーラ4は、4.8秒で270km/hに達する[パナメーラ4:燃料消費量*複合(WLTP)11.2-10.1L/100km、CO2排出量*複合(WLTP)253 – 230 g/km]。

内外装ともにラグジュアリーかつスポーティ
新型パナメーラは、モデルラインの特徴的なラインとプロポーションを維持している。全長5,052mm(エグゼクティブ:5,202mm)、全幅1,937mm、全高1,423mm(エグゼクティブ:1,428mm)。根本的に刷新された外観は、スポーツセダンにさらに表情豊かでスポーティな印象を与えている。

フロントでは、ナンバープレート上部にエアインテークが追加され、駆動システムに必要な空気の増加を補う。サイドビューのウインドウラインは一新され、4ドアスポーツカーのセダンらしさを強調。リヤウインドウの外縁はボディの輪郭と同一平面になり、車体後部の調和の取れたラインを生み出している。

ポルシェドライバーエクスペリエンスのコックピットコンセプトは、デジタルとアナログのコントロールエレメントを理想的なバランスで配置し、ドライビングに不可欠なインプットとアウトプットのエレメントをドライバーの軸線上に配置している。

ギアセレクターレバーはステアリングホイールの右側に配置。ノーマル、スポーツ、スポーツ・プラスの各ドライビング・プログラムのモード・スイッチや、アシスタンス・コントロールのストークにも、ドライバーが直接アクセスできるようになっている。つまり、ドライブ・プログラムやアシスタンス・システムを調整するために、ドライバーは道路から目を離す必要がないのだ。

オプションのパッセンジャー・ディスプレイは、パッセンジャーをドライビング・エクスペリエンスに密接に統合。10.9インチのスクリーンには、リクエストに応じて車両性能データが表示される。また、インフォテインメント・システムの操作も可能で、走行中のビデオ・ストリーミングにも対応しています。運転席から助手席のディスプレイを見ることはできない。

より個性的になったパナメーラ ターボEハイブリッド
ターボの名を冠したモデルバリエーションは、ポルシェにおいてパフォーマンスのフラッグシップとして特別な位置を占めている。ポルシェは、パナメーラ ターボE-ハイブリッドによって、モデルラインにおけるこのポジションを強化した。

エクステリアでは、ペイントされたディフューザーパネルを備えた特徴的なリアエプロンと、ボディカラーのユニークなフロントエプロンが特徴的。また、ダークブロンズ色のクロームメッキテールパイプや、ほかのモデルにもオプションで設定できるセンターロックホイールも装備されている。

ターボ専用色のターボナイトは、サイドウインドウのストリップとテールゲートのターボロゴ、ボンネット、ホイール、ステアリングホイールのポルシェクレストにコントラストとして使用された。インテリアでは、ターボナイトがカーボン素材と組み合わされ、スポーティな雰囲気を醸し出している。たとえば、インストルメントクラスターのセンターレブカウンターや、センターコンソールの操作部のカラーに採用されている。

デジタル体験と新しいアシスタンスシステム
新型パナメーラは、ドライバーのデジタルエコシステムに不可欠な存在となる。パーソナルなポルシェIDでログインするには、PCMに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンするだけ。Apple CarPlayとAndroid Autoにより、スマートフォンと車両データの連携が可能になり、操作性が向上している。

MyPorscheアプリの車両機能をApple CarPlayに統合することで、デジタル機能の最適な操作が可能になり、よりわかりやすい概要が作成される。エアコン、シートマッサージ、アンビエントライトなどの機能は、Apple CarPlayまたは音声アシスタントSiriで直接操作することができる。

ポルシェはまた、パナメーラにマトリクスLEDヘッドライトを標準装備する。ヘッドライト1灯あたり32,000ピクセル以上の高解像度HDマトリクスLEDライティングシステムは、オプションで選択可能。専用レーンブライトニングなど、まったく新しいライティング機能を提供する。

照射距離は最大600m。ポルシェは、新型パナメーラのアシスタンスシステムを大幅にアップグレードした。標準装備のアクティブスピードアシスタントは、交通標識認識と連動するようになった。このシステムが有効な場合、パナメーラは自動的に適切な制限速度を超えて走行することはない。

アダプティブクルーズコントロールを含むポルシェ イノドライブは、アクティブレーンガイダンスとジャンクションアシストを備えている。また、ハンドル操作のアシスト機能も追加された。また自動駐車の際、ドライバーは車内にいる必要はなくなるが、操作の責任はもちろんドライバーにある。新機能のリモート・パークアシストにより、駐車プロセスはスマートフォンからモニターできる。

欧州での納車は2024年3月から
新型パナメーラは現在注文可能となっている。2バルブデュアルチャンバーエアサスペンション、LEDマトリクスヘッドライト、パークアシスト、ステアリングホイールのドライビングモードスイッチ、誘導充電機能付きクールドスマートフォン・コンパートメント、GPS対応自動空気循環機能付き改良型ファインダストフィルターなど、先代モデルよりも標準装備が充実している。

ドイツでは、ポルシェは新型パナメーラを付加価値税および各国固有の装備を含めて107,800ユーロから(パナメーラ4は111,900ユーロから)提供。パナメーラ ターボEハイブリッドは192,500ユーロから。ヨーロッパでの納車開始は2024年3月を予定している。

ポルシェは新型パナメーラをライプツィヒ工場で生産している。2009年から2016年まで、4ドアスポーツセダンの第1世代はライプツィヒで組み立てられていたが、第2世代の導入に伴い、2016年に完全生産がライプツィヒに移った。第3世代のパナメーラの生産に対応するための改造は、ここ数カ月の間に工場に統合された。

■関連記事

2023/11/27 17:00

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!