バリアフリーで持続可能で、最先端! プレミアムな充電体験ができるポルシェ初の充電ラウンジが欧州でオープン

全ての画像を見る

なんと300kWのDC急速充電ステーション! バリアフリー、最先端、持続可能:ポルシェ初の充電ラウンジがオープン

ポルシェは、ヨーロッパの最も重要なルート沿いに独自の急速充電ステーションを設置し、ブランドに期待されるプレミアムな充電体験を提供する計画だという。パイロットサイトとして、ポルシェ初のチャージングラウンジが2023年7月26日(水)、ドイツ南西部のビンゲン・アム・ライン郊外にオープンした。

高速道路のジャンクションA60/A61からわずか2分の場所に、300kWのDC急速充電ステーション6基と22kWのAC充電ポイント4基が設置された。ポルシェチャージングラウンジは現在、ドイツ、オーストリア、スイスでも計画されているという。交通量の多い路線の近くに位置し、年中無休で営業し、高い充電性能、快適な環境、便利で集中的な充電料金の請求が可能な新しい「ポルシェ・チャージングラウンジ」は、長距離移動をするポルシェのドライバーの要求に完璧に応えている。

【写真5枚】日本にもたくさんほしい! ポルシェのチャージングラウンジ 

ここでは、ポルシェのすべての電気自動車およびプラグインハイブリッド車に、南チロルの電子機器専門メーカーである伊「アルピトロニック社」製の強力な充電器で、電力を供給することができる。急速充電ステーションは現在、最大300kWの電力を供給しているが、さらに高速の充電ができるようアップグレードが可能である。2024年初頭には、充電ポイントあたり400kWが可能になるはずだ。充電プロセスには、認定された再生可能エネルギー源の電力が使用される。

「ポルシェは電動化への野心的な道を描いています。2030年、私たちは納車するクルマの80%以上を電気自動車にしたいと考えています。この野心的な拡大には、高性能かつ高密度の急速充電ネットワークが必要です。ポルシェ専用のチャージングラウンジは、これに重要な貢献をしています。バリアフリーで持続可能な、最先端のIONITYネットワークに加わるものです」と、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ氏は、次のように語った。

ユニークなデザイン
専用急速充電ステーションのユニークなデザインは、その特別な特徴を際立たせている。ビンゲンのパイロットサイトでは、このデザインが将来どのようになるかを予見することができる。浮いているように見えるスリムな屋根が、充電ポイントと建物をつないでいる。ラウンジは床から天井までガラス張りで、内と外をスムーズに行き来できる。明るい色調と明るい木材が、幸福感を促す雰囲気を演出している。

世界初のポルシェ・チャージングラウンジは、化石燃料を使用しないヒートポンプによって暖房と空調を行う。必要な電力の一部は、屋根に設置された太陽電池による太陽光発電システムから供給される。デジタル・ビルディング・マネジメントは、ゲストがいないときは照明を自動的に落とすなど、電力消費を最適化する。

快適な滞在を顧客に約束するため、ラウンジエリアには近代的なサニタリー設備があり、ソフトドリンクや軽食も豊富に取り揃えている。支払は、デビットカードやクレジットカードのほか、アップルペイやグーグルペイも利用できる。アナログとデジタルのメディア、高性能WiFiネットワークも利用できる。スマートミラーの前ではワークアウトを行うことができ、ドライバーはこれからの旅に備えて体調を整えることも可能だ。インタラクティブなポルシェのコンテンツもここで選択できる。

ポルシェ・チャージングラウンジは、ポルシェチャージングサービスに統合され、ナビゲーションシステムに表示され、課金はポルシェが行う。ポルシェ チャージング サービスのおかげで、1キロワット時あたり33セントという充電料金は、ポルシェネットワークの他の急速充電ステーションと同様に低く抑えられている。

充電ステーションおよびラウンジエリアにアクセスするには、ポルシェIDが必要だ。このIDはクルマとリンクしている必要がある。ポルシェIDにナンバープレートが登録されている場合、ナンバープレート自動認識機能によりバリアが開く。なので、クルマの登録番号はマイポルシェアプリに保存しておくと便利だ。また、ポルシェチャージングカードまたはマイポルシェアプリのQRコードを使用して、サイトとラウンジの両方にアクセスすることもできる。

「ポルシェ・チャージングラウンジでは、カスタマージャーニーにおけるもう一つの重要なタッチポイントを創出し、ポルシェの顧客にとって充電がいかに便利なものであるかを示すことができる。

ポルシェの充電サービスについて
ポルシェの急速充電ステーションは、スポーツカーメーカーであるポルシェがバッテリー電気自動車への移行を推進するために近年行ってきた包括的な投資に追加されるものだ。ポルシェの充電サービスは、世界中のさまざまなプロバイダーの充電ポイントへのアクセスを可能にする。

このネットワークは現在、欧州20カ国以上で43万6,000カ所以上の充電ポイントから構成される。この中には、DC150kW以上の充電容量を持つ25,300か所近くの充電ポイントや、ヨーロッパのIONITYネットワークにある500か所以上の急速充電サイトも含まれる。2022年、ポルシェはこの合弁事業のためのさらなる資金調達ラウンドに参加した。

600を超えるポルシェ正規販売店は、世界的な充電インフラネットワークの拡大に大きく貢献しており、これまでに1,000カ所以上の顧客向け高性能充電ポイントが稼働している。中国では、約300の充電ポイントを備えた独自のネットワークが構築されている。また、さまざまなパートナーとの協力により、スペイン、イタリア、韓国、日本、ブラジルなどでも400以上の充電ポイントが設置されている。

北米では、ポルシェは「フォルクスワーゲン・グループ・オブ・アメリカ」のネットワークを利用している。「エレクトリファイ アメリカ」は現在、800以上のステーションで3,500以上の急速充電ポイントを提供している。

ポルシェはまた、「ポルシェ・デスティネーション・チャージング」により、AC充電のインフラをさらに拡大する。すでに86か国に5,000カ所以上の充電ポイントが設置されており、ポルシェの顧客に特に人気の高い高級リゾート地に設置されている。2025年末までには、この数は7,500カ所を超える見込みだ。11kWの代わりに22kWを供給する充電器は、すでにヨーロッパの新しい場所で使用されており、既存のステーションも順次アップグレードされる予定だ。

■関連記事

2023/07/31 14:00
 | EV

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!