【スクープ】最強セダンの地位は譲らない! BMW「M5」次世代型は迫力のドヤ顔で登場か!?

全ての画像を見る

最高出力は驚愕の800ps超えか?

BMWは5月、ミッドサイズセダン『5シリーズ』及びフルエレクトリック版の『i5』を発表したが、ICE搭載5シリーズの頂点に君臨する『M5』次期型の予想CGが制作された。

【画像10枚】BMW M5次期型の予想CGとスクープショットを見る

おなじみX-Tomi Designは直近のスパイショットをベースに制作。クロスオーバーSUV「X5M」と「X6M」からスタイリングキュー(デザインのヒント)を得ている。

フロントエンドでは、新LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトを装備。赤い輪郭を配置し、ブラックグリルを組み込んだX字型のフロントマスクが迫力を増している。またボンネットは、M4クーペのものと酷似していおり、レーダー誘導クルーズ コントロールのセンサーはフロントバンパーの下部に配置、BMWが通常の5シリーズで使用していたものよりもはるかに優れたパッケージレイアウトとなっている。

フロントフェンダーは、ベースとなる5シリーズよりワイド化されているが、これM5がより幅広のホイールとより強力なブレーキを備えていることを考えれば当然のことだろう。

M5次期型のキャビン内には、同ブランドのカーブ ディスプレイ(シームレスに統合されたフルデジタルインストルメントクラスターと中央ディスプレイ)、「BMW iDrive 8.0」、超広帯域技術を備えた「BMWデジタルキープラス(デジタルキー3.0)など、BMWグループの最新の技術機能が搭載される可能性がありそうだ。またハンズフリーの高速道路運転と、ハンズフリーの駐車機能を備えた少なくともレベル2の自動運転も利用できると思われる。

注目の心臓部には、SUV『XM』の最強モデル「レーベル・レッド」からプラグインハイブリッドパワートレインを流用、4.4L V型8気筒ツインターボチャージャーと、29.5kWhバッテリーパック、および8速オートマチックトランスミッションに組み込まれた電気モーターを搭載する。これにより、XMレーベル・レッドでは最高出力748ps、最大トルク1,000Nmを発揮するが、M5セダンでは驚愕の800psを上回る数値を出す可能性も十分にあるという。これは史上最も強力なM5であるだけでなく、M5 の中で最も重いものとりそうだ。

M5次期型のワールドプレミアは、2023年後半、あるいは2024年前半と予想され、その後「M5ツーリング」も期待されている。

■関連記事

2023/06/29 17:50

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!