【明日発売! Tipo】特集「2023 スポーツカーとともに疾走れ!」 今欲しい「Z」「セブン」「ロードスター」など新旧一気乗り、付録カレンダー付き!【Tipo】

全ての画像を見る

巻頭特集:2023 スポーツカーとともに疾走れ!

最新号『Tipo』388号の特集は「2023 スポーツカーとともに疾走れ!」。電動化への転換が声高に叫ばれる昨今、これが最後の打ち上げ花火といわんばかりに、続々とスポーツカーやスポーツモデルが登場している。Tipoでは「クルマの楽しさと醍醐味が何であるかということを、誰もが分かっているし、感じている! さぁ、スポーツカーと共に疾走ろうではないか! 」と掲げ、今、乗りたい新旧スポーツカーを大特集!

「Z」「セブン」「ロードスター」「アルピーヌ」「エラン」などなど、走って楽しい新旧スポーツカーを一気乗りしている。

巻頭は新型Zとアルピーヌの比較記事。注文がストップするほど加熱した新型Zの人気モノの真価はどうなのか。洗練度No.1のスポーツカー、アルピーヌを持ち出しその違いを比較。続いてはロードスターを軸に、一代限りとはいえ強烈な印象を残した「ルノー・スポール・スピダー」と、ピュアスポーツの代名詞である「ロータス・エリーゼ」の2台をもちだして試乗。

付録は遠藤イズル氏による書き下ろしの2023年オリジナルカレンダー!  
2023年はTipo、そしてスポーツカーと走り抜けよう!

【写真6枚】Tipo 388号の特集をチラ見する!

その他、注目のコンテンツは以下。

特集「スポーツカーとともに疾走れ!」
012  Prologue
014  Zの真価を問う!
020 ロードスターの残した功績
028  2+2ヒストリック・スポーツカーの素敵な世界
036 最新スポーツハッチバック部門別選手権
044 このスポーツカーしか愛せないんです!
050 納屋物件を自分好みのカラーでフルレストア!
052 レーシングSZ復活プロジェクト始動!
056 真冬にセブンで逢いに往く
060 これぞレース!あまりにドラマチックな結末
066 サーキット専用カーシェアリングでFSWワンスマ広場トレーニングを体験
068 あの由良拓也さんがケータハムのカウルを開発!?

IRREGULAR
072 少年時代に憧れたマシンでレースに出たい!
076 祝! 復活!ラリージャンキー放浪記
080 ZOILモニターレポート
106 EVENT REPORT 2022 Winter
121 TRUCCO引っ越しのお知らせ
122 2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定!
124 走りにも拘ったフレンチミニバン
128 過酷な条件下でも強力な制動力!
129 憧れのクロススポークがより身近に!
130 スポーティ&エレガントの融合
131 話題のCATACLEANを試してみた!

REGULAR
007 From Editors Room
078 LOTUS CUP JAPAN@MOTEGI
079 ELISE SUPER TEC 2022@TSUKUBA
083 GT roman LIFE by西風
094 LOOKOUTIPO
100 DEJAVU アルファロメオ・モントリオール
116 Tipo Car Quest
VOLKSWAGEN ID.4/MAZDA6/LEXUS RX/TOYOTA CROWN CROSSOVER/Mercedes-AMG SL
126 PADDOCK PASS
132 YUKOさんのイタリア散歩
133 TEZZO
134 吉村自動車図書
ナカジ〜のMini Carの浪漫紀行
135 のりものはんこダイアリー
137 Purchase Project ルノー・トゥインゴ(Ⅲ)が欲しい!!
143 太田哲也 KEEP ON RACING
144 NORIS DESIN TALK

タイトル:ティーポ388号 2023年2月号
定価:1100円(本体:1000円)
発行年月日:2023年1月6日
購入は以下へ
https://amzn.asia/d/h7HPfDH

■関連記事

AUTHOR
2023/01/05 15:30

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!