限られたスペースでもガレージがほしい! クルマをカスタムするために作った、オーダーガレージ。【GarageLife】

全ての画像を見る

10年前に建てた母屋とのマッチングも重要。そんな条件付きのガレージづくりには、ちょっとしたアイデアが光っていた

香川県の新興住宅に建築されたのは、「ArcadiaDesign」で建築したレッドシダーで覆われた注文ガレージ。10年前に住宅メーカーで建築した母屋の横に、設計してぴたりとサイズを合わせたガレージが竣工したのは2021年12月のことだった。10年前に母屋を建てるときから、将来はガレージを建てたいと思い敷地にはガレージを建てるためのスペースを残していた。

施主のFさんはクルマで毎日、高松市内に通うサラリーマン。ジムニーを2020年9月に購入、自分のスタイルに合わせてオールペン、足回りの2.5インチのハイリフト化をすることを考え、ガレージの建築を思い立ったのは’21年5月のことだった。近所でガレージを建てられる設計事務所を検索したところ高松市内にあるArcadia Designに遭遇。事務所に隣接するガレージのショールームを見て、ここに設計依頼ができないかと考えた。

10年前に建築した母屋とのマッチングに細心の注意をしたというのはArcadia Design代表・櫻井さん。ガレージだけかっこよくてもダメ、母屋とチグハグでもだめとバランスを考えた。また母屋の壁面を活かすことや、奥行きをL字型に囲うことで敷地を最大限活かすことでFさんが使いやすいガレージの提案としている。

母屋の壁面を活かすことでコストダウンができるほか、鉄骨を使って後にFさんが自分でカスタマイズできる余白を残している。既存のガレージではなかなか柔軟な対応が利かず、オーダーで建てるガレージならではの設計といえる。バランスを考慮した結果、鉄骨造のガレージの外装にはレッドシダーを採用して塗装で仕上げることで母屋とのバランスを保っている。

ガレージを引き渡し後、Fさんは友人に依頼して床材はエポキシ塗料・ニッペのライトグレーを塗装。電気の配線なども友人に依頼して別作業にはなったがライトが通電されることに。その後、FさんはOSB合鈑の余ったものを使ってデスクの設置、棚の設置などをDIYで会社が休みの日に施工。工具もガレージをはじめ、クルマをカスタマイズする専用道具が増えていき、選別できるように壁面を使って整理整頓してストックしていった。ジムニーをいじるために、床面に敷くマットなども揃え、今では簡単なメンテナンスはガレージで自分で行なうように。そのためオイル交換のための道具から、エアーツールまでがガレージで使えるようになっている。

【写真17枚】奥行きをL字型に囲うことで敷地を最大限活かそたアイデアガレージ 

シャッターを開けると、自分だけの宝物が詰まっていた
そしてガレージ内では音楽を流せるように設定し、夜にはお酒をたしなみながらクルマを眺めることも。もともと設計することもしていたため、配線に知識が深いFさんにとってはガレージで時間を費やしながら仕事のこと、カスタムのことなどを考えることが多くなったという。ガレージが完成した結果、クルマの作業が時間を気にせずできることも大きいという。なぜなら、今までは青空の下でクルマをばらし、明るいうちに戻さないといけなかったがガレージがあれば気にすることなく、作業が途中でも放置することができるという。そしてジムニーに手を入れると、クルマで3時間かけて荒野を走破しに行くことも楽しみのひとつ。

Fさんにとってはジムニーは1/1のプラモデルであり、ガレージで作業する休日が楽しくて仕方ない様子であった。作業効率を上げるために工具を収納するストッカーや、工具を収納する棚も自分で考えたアイデアを練って効率よく準備していった、自分でガレージをカスタマイズすることも苦とせず楽しんでいる毎日。ガレージにはFさんのアイデアが詰め込まれ、宝箱のようなスペースとなった。クルマをカスタムするために建てた10年越しのガレージ。施主のFさんにとっては、仕事のことをリフレッシュさせることができる重要なスペースとなっていた。

◆PLANNING DATA
 施 主:Fさん
 所在地:香川県
 構 造:鉄骨増
 土地面積:約260平米
 ガレージ面積:約48.18平米
 外装/内装仕上げ:レッドシダー塗装仕上げ/OSB 合鈑仕上げ ほか
 愛 車:1994年式スズキ・ジムニーJA11 パノラマルーフ
     2019年式メルセデスベンツ・GLA250

◆OWNER’S CHECK
 ・一番気にいっているところは?
 母屋とは直接つながってはいないが、土地の有効活用を最大限活かせる配置、プランにしてもらい満足をしています。ガレージを建ててからの毎日が楽しくなりました。
 ・ちょっと失敗したところは?
 アルミ電動シャッター・クアトロのサイズが高さ2,200mmですが、もう少し高さがあってもよかったかもしれません。
 ・次の夢はなんですか?
 ガレージでチンクエチェントなどを手に入れてレストアやカスタマイズに挑戦したいですね。

◆COMMENT FROM A BUILDER:株式会社アルカディアデザイン 櫻井広光さん
Fさんから相談を受けて、土地の有効活用ほか自宅母屋との一体感を考えさせていただきました。担当者によってはここまで融通を利かすことは難しかったかもしれません。これからもオーダーという利点を活かして、細かなところまで提案できるガレージを提案していきたいですね。クルマ好きな方を応援します。
香川県高松市中間町459-1  Phone/087-813-7230
https://www.arcadia-design.co.jp/

Photo/Shintaro-MIYAWAKI(宮脇慎太郎)  Text/Jun-ISHIHARA(石原 淳)

■関連記事

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!