ドライビングプレジャーの極致を堪能できるスポーツセダン「アルファ ロメオ ジュリア」で巡る夏の霧ヶ峰高原

全ての画像を見る

アルファ ロメオ ジュリアで堪能するドライビングプレジャーの極致

スポーツセダンの筆頭格、アルファ ロメオ ジュリア。今回は、そんなジュリアの真価を改めて浮き彫りにする命を司り、ル・ボラン副編集長の佐藤が1泊2日のロングドライブへと繰り出した。高速道路やワインディング路からだけでなく、市中のドライブからもジュリアの美点を感じ取れ、ドライビングプレジャーの原点を知る旅となった。

【写真38枚】ドライビングプレジャーに溢れたスポーツセダン、アルファ ロメオ ジュリアの詳細を写真で見る

スポーツセダンを謳うモデルはプレミアムブランド各社からリリースされるが、それらはグレードの一部であったり、ステーションワゴンなど他のボディタイプを用意していたりと、選択肢のひとつとしてスポーツセダンが存在する。

しかし、アルファ ロメオ ジュリアはそれらとは真逆の路線を突き進む。エントリーの「Ti」グレードから上位グレードまで、シャシーやハンドリング性能、エンジン特性などスポーツ性を高めた設定となり、ボディタイプもセダン一択となる。

クルマの未来は電動化と自動化が既定路線であるならば、現行ジュリアがドライバーやパッセンジャーにもたらしてくれるのは、内燃機関時代の純粋なドライビングプレジャーなのかもしれない……。そんな想いを抱きながら、8月の終わりに東京都内から長野県白樺高原にある女神湖を目指す1泊2日のドライブの旅をすることとなった。

シンプルかつ上質に仕立てられたインテリア。ドライバーオリエンテッドなコクピットで、ドライビング・ファンに直結したレイアウトとなっている。

今回の相棒「ジュリア2.0 ターボ ヴェローチェ」の運転席に収まり、ステアリングを握りながらコクピットドリルを行う。電動化とホスピタリティの充実が昨今インテリアのトレンドと言えるが、ジュリアはシンプルかつ上品で引き算の美学を熟知したデザインと言える。

操作系のスイッチ類はドライバーオリエンテッドな造形や配置となり、それを象徴するのが大型のパドルシフトだ。引いた時のカチカチっとした感触も操る楽しさを演出し、このようなところからもジュリアがドライビング・ファンに力点を置いていることがうかがえる。

最高出力280ps、最大トルク400Nmを発揮する直列4気筒ガソリン・ターボを搭載。

現行モデルから新たに搭載された純正ナビゲーション・システムに目的地「女神湖」をセットアップしたところで旅はスタート。まずは、首都高速道路から中央自動車道にアクセスし、諏訪ICまでの約200kmを駆けぬける。

トラフィックジャムアシストは約60km/h以下の低速走行時に、ハイウェイアシストシステムは高速道路での走行時に作動。

最高出力280ps、最大トルク400Nmを発揮する直列4気筒ガソリン・ターボは、フィアット・パワートレイン・テクノロジー(FPT)が独自開発したマルチエアシステムを採用。もちろん、タウンスピードにおいて過不足を感じることはないが、このエンジンの本領は高速域で発揮される。高回転域で伸びのあるフィーリングは爽快で、組み合わせるトランスミッションとの相性も素晴らしく、実にレスポンシブル。パワートレインが秀逸なクルマほど飛ばさなくても走りの満足度は高い。単調になりがちな高速道路の移動を、スポーツカーに在らずとも、右足の使い方次第でファンなドライビングステージに変えられるのはジュリアの魅力といえるだろう。

また、ハイウェイアシストシステム(HAS)を作動すれば、任意の速度での走行や、車線中央を維持するステアリング支援なども加わり、快適なクルージングも可能となる。

諏訪大社・上社本宮の鳥居。目の前の道は北参道となる。

走り出したのは平日の朝だったこともあり、午前中には諏訪湖周辺に到着。見どころや観光スポットのリストアップは、ここでは割愛させていただくが、諏訪大社・上社の前宮と本宮に立ち寄り、境内と御柱を見学。神職の方によれば、夏と秋の週末や祝日は終日混雑するので、駐車場もすぐに満車となるそう。そして、地方といえども市中の観光地の駐車スペースは往々にしてタイトなことは多いが、ジュリアの全長4655mm×全幅1865mmのボディサイズは、駐車時にストレスを感じない寸法であることも改めての気づきであった。

かつて、諏訪湖ではうなぎが採れたことから、周辺にはうなぎ屋が多く立ち並ぶ。諏訪湖北部の岡谷市はうなぎの消費量が全国的に多く「うなぎのまち」とも呼ばれている。

蛇足だが、今回の旅では昼食として、諏訪湖周辺の名物であるうなぎ屋と蕎麦屋に立ち寄ったが、予約必須の人気店から地元住民で賑わう庶民的な店まで、名店揃いという印象。旅程や時間、予算に合わせて、この2つのグルメを楽しむことを是非オススメしたい。

フォト=神村 聖/S,Kamimura

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!