仕事に遊びに介護に、とにかく使い勝手最高! 日産「キャラバン」、燃費などガソリン車の仕様がアップデート

全ての画像を見る

スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを伸長させたブランド「オーテック」も「キャラバン」同様ガソリン車の仕様を一部向上

日産自動車は2022年7月7日(木)、キャブオーバー型バンおよびバス、ワゴンの「キャラバン」のガソリン車を、一部仕様向上して同日より販売開始すると発表した。

「キャラバン」は、小型貨物車4ナンバーバンクラスにおいてクラスNo.1の広く使い勝手の良い荷室空間や、堂々と存在感のあるエクステリアデザイン、そして全車標準装備の「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ」をはじめとする先進安全技術が、広く好評を得ている一台。また、ワークユースのみならずレジャーや趣味などを楽しむ方など、幅広い顧客層に乗られている。

今回の一部仕様向上では、燃費の性能向上を図ると共に、上級グレード※にはオーディオ、ハンズフリーフォンコントロール用のステアリングスイッチを追加。さらにカップホルダーの形状変更など、使い勝手の向上も図っている。

※ バン: プレミアムGX、GRAND プレミアムGX / ワゴン、マイクロバス: GX

キャラバンWebカタログ: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/caravan.html 

同時に、日産自動車グループの日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社(NMC)も2022年7月7日(木)、「キャラバン」に新たなカスタムカー「オーテック (AUTECH)」を設定すると発表した。また、「キャラバン」ガソリン車の一部仕様向上に合わせて特別仕様車「プロスタイル」および車中泊仕様車「ライフケアビークル(LV)*1」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズのガソリン車の仕様を一部向上した。いずれも日産の販売会社を通じ、同日より販売を開始する。

【写真21枚】仕事にも遊びにも! 日産「キャラバン」「オーテック」なら快適! 

◆キャラバン「AUTECH」
「オーテック(AUTECH)」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきた同社伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを伸長させたブランド。素材などの細部にもこだわりを持つ顧客層に向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。「オーテック」ブランド発祥の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーを、ブランドのアイコニックカラーとしている。

今回発売するキャラバン「オーテック」は、仕事でもプライベートでもこだわりの一台を求める方に向け、「キャラバン」のダイナミックで力強く存在感あるスタイルに、こだわりを尽くした最上の質感を付加したプレミアムモデル。このクラスで人気の高まるカスタマイズニーズに呼応し、「キャラバン」の最上級グレードとして位置付けているという。

エクステリアには「オーテック」ブランド車共通の表現であるドットパターンのフロントグリルや、ブルーに輝くシグネチャーLEDとシルバーのアクセントが特徴のフロントプロテクターを採用。アルミホイールは、緻密につくり込んだスポークの切削面と、センターキャップ周りのブラック基調で立体感のあるデザインにより、上質さと「キャラバン」らしい力強さを融合したスタイルに仕上げている。

インテリアはシート地に、柔らかな手触りで体に馴染む上、耐久性や耐水性に優れた「レザレット」を採用するとともに、海面の波の動きをモチーフにした模様を施している。また、ハンドルやシート、シフトノブには「オーテック」ブランドを象徴するブルーステッチを施すなど、上質かつ機能性のある素材とこだわりのディティール表現で、スタイリッシュさと「キャラバン」ならではの使い勝手を両立した。

さらに、サイドスタイルやリヤスタイルの印象を変える専用のエクステリアパーツをオプションとして設定したほか、エクステリアのみを専用デザインとしたグレードも設定するなど、顧客の使い方や好みに合わせて選択できるラインアップとした。ボディカラーは、ダークブルーを含めた全4色を設定している。

・ガソリン車一部仕様向上 概要
今回の一部仕様向上では、車いす仕様車の「チェアキャブ」において顧客の要望に応え、「ワンタッチオートスライドドア(助手席側)」を追加設定(ディーゼル車にも追加設定)。福祉施設・病院などでの送迎時に介助者の負担軽減や作業の効率化を可能にする仕様だ。

また「ワークユースビークル」シリーズでは、求めやすい価格になった「東光冷熱エンジニアリング製保冷バン」を追加設定(ディーゼル車にも追加設定)。オプションの「インテリジェント ルームミラー」が選択可能な仕様とし、バックドアの窓がブラインド加工されていながら、良好な後方視界確保が可能となる。

さらにベース車と同様に「プロスタイル」および車中泊仕様車「ライフケアビークル (LV)」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズでも燃費の性能向上を図ると共に、上級グレード*2にはオーディオ、ハンズフリーフォンコントロール用のステアリングスイッチを追加。またカップホルダーの形状変更など、使い勝手の向上も図っている。

*1 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル (LV:Life Care Vehicles)」と呼称。
*2 バン: プレミアムGX、GRAND プレミアムGX / ワゴン、マイクロバス: GX

キャラバン「AUTECH」 WEBカタログ: https://www.autech.co.jp/sv/caravan_autech/index.html 

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!