アンティーク収集が趣味の夫婦、愛車は1963年式マーキュリー・コメット! 【ガレージライフ】

2022/06/19 15:00

クルマやバイクもアンティーク、音楽もレコードで楽しむ。ヴィンテージの家具や照明ライトを添えることで、新旧の味わいを楽しむガレージハウス

神奈川県の閑静な住宅街に建築されたのは、グレーのシンプルなガレージハウス。これまで共同住宅で家族4人で暮らしていたHファミリーにとって待望の戸建ては、ビルトインガレージの注文住宅となった。施主のHさんは、神奈川県横浜市のクルマのパーツから雑貨などを販売する「MOONEYES」に広報として勤務。愛車は1963年式マーキュリー・コメットというミドルサイズのクラシックカーと、家族の移動のためBMW M4グランツアラーの2台を所有。今まではクルマはカバーをかけて青空で保管していたが、いつかはガレージを、と想いを巡らせていた。

土地探しからスタートしてインターネットなどで探した土地は希望のものがなかなか見つからなかった。なぜならクラシックなアメリカ車を所有するHさんにとっては、ストレスなくガレージにアクセスできることが条件だったからだ。

道がフラットであり、ガレージまでクルマを切り返すことなくアクセスできることを希望したほか、子どもたちの学区を変えずに通える地域にガレージハウスを建てようと、2年かけて土地を探していたところ、約40坪の敷地を見つけたことから注文住宅に踏みきった。

建築を依頼したのは知人の紹介で相模原に本社がある「山京建設株式会社」に依頼。ガレージハウスの経験はさほどなかったが、設備の相談など融通を利かせてもらえることがポイントや打ち合わせが便利ということが決め手となった。

「実は、展示場に出かけて大手住宅メーカーにも見積もりを依頼した経験はあるのですが、金額が合わなくて諦めていました」とHさん。

山京建設では、低コストかつ自由度が高い家づくりができるようにオリジナル企画「TRAD-D」を用意している。TRAD-Dとは屋根や外壁、サッシから内装建材まで選べるようになっていて施主の組み合わせでオーダーができる仕組み。従来の工法と比較して接合が固く、耐力が高い「Node HSS金物工法」を用いることで、在来工法の1.5倍の強固な建築物ができる。そこで注文住宅でありながら、コストをかけるところや削ることころを自分たちで考えて打ち合わせをしながら、暮らしやすいガレージハウスの希望を伝えることができたという。

担当者と打ち合わせをしたときにオーダーしたのは、コメットが入るガレージを第一希望で、クルマのサイズのほか作業スペースが用意できることだった。

ガレージの壁面は外壁と同様のニチハプレミアムの外壁材を採用している。ガレージのシャッターには「レムコ」製メタルフラットドアを採用。このガレージシャッターはHさんが自ら「レムコ」本社に出向き、吟味した結果、静粛性とともに遮音性、断熱性にも優れ、デザインが美しいものを選んでいる。

床仕上げはモルタル施工であるが、将来は床専用塗料も考えている。設置した棚は「コストコ」で販売しているウォーレンストレージを利用している。ガレージでも作業ができるように作業台もあり、使いやすく整理整頓されていた。

階段を上がると約70平米のリビングダイニングが広がる。ガレージの上にリビングを設けることもH夫妻の希望であり、窓の位置なども隣の家との関係を意識しながら依頼したという。

あらかじめ所有していたアンティークの家具のカラーに合わせて、ドアのカラーや床のカラーなどもコーディネート。リビングの床には温水式床暖房が採用された。この暖房は、1度温めればお湯が床を循環するため保温性に優れるなど、メリットが大きい。またキッチンは奥様の希望により八王子の「奥津木工所」にオーダー。食器棚、そしてシンクの面材をすべてカスタマイズ。木目の暖かなものをチョイスしている。

竣工から約半年が経過しているが、アンティークな家具や照明などが活かされているほか、2人のコレクションがディスプレイされることで、実にバランスのいいガレージハウスとなっている。自分たちでガレージドア、キッチン収納、外構工事などを「Little Garden」に手配することで、コストダウンに成功。理想のガレージハウスに仕上がったという。知人にアドバイスをもらいながら、思い描いていったガレージハウス。担当者にも無理を聞いてもらいながら、納得いくまで打ち合わせをした結果という。夫婦の個性が形になり、満足のいく注文住宅となったといえる。


◆Owner’s Check
・ここがお気に入り
 2階にプランニングしたリビングが明るくて過ごしやすいのは狙い通り。昼間は照明がなくても過ごすことができる。
・ちょっと失敗
 ガレージをいい場所に設けたために、子どもたちの部屋の陽当たりが悪かったこと。
・これからの夢
 これからリビングの壁面などにアクセントとなるようなかっこいいポスターなどを見つけてディスプレイしたいですね。
・読者へのアドバイス
 これから家族で暮らしていく家なので納得いくまで打ち合わせをして、思いをぶつけてみるのがいいでしょう。
◆Planning Data
所在地:神奈川県
竣工:2021年8月
施主:Hさん
家族:4人
敷地面積:約120平米
ガレージ面積:26.49平米
構造:Node HSS金物工法
外装仕上げ:ニチハプレミアム
内装仕上げ:クロス
愛車:1963年式マーキュリー・コメット
   1973年式ホンダ・CB250エクスポートT

◆Comment from a Builder
ガレージドア・レムコ 小林正幸さん
町田の本社に打ち合わせにきていただいたときにパースを拝見させていただき、Hさんが希望するエクステリアのカラーからしてメタルフラットドアが似合うだろうと提案させていただきました。ガレージドアの動きや、気密性を説明させていただき納得していただけました。設計時に施工会社様との打ち合わせができると納入もスムーズですので、ぜひ気になる商品をHPで確認いただきご相談ください。
東京都町田市南町田4-1-38 Phone/042-788-2688 https://remcodoor.com/

Special thanks to REMCO https://remcodoor.com/

photo / Masatake ISHIKO(石河正武) text / Jun ISHIHARA(石原 淳)

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧