【スクープ】メルセデスベンツ、これが最後のBクラスに!? 改良新型で有終の美を飾れるか?

2022/06/18 17:00

今後はLCVから派生したモデルが継承することになるのか

メルセデスベンツは現在、欧州Cセグメントモデル『Bクラス』改良新型を開発しているが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。初代Bクラスは2005年に誕生、2011年の第2世代を経て、現行型となる第3世代が2019年に発売、これが初の大幅改良となる。

次世代型への大きなステップが期待されるが、メルセデスベンツは先日「A&B」クラスを再編することを発表、現行エントリーラグジュアリーセグメントと呼ばれる車種は『Aクラス』、『Aクラスセダン』、『Bクラス』、『CLA』、『CLAシューティングブレーク』、『GLA』、『GLB』の7車種があるが、これを4車種に縮小するという。そのモデルは確定していないが、Bクラスは最初に登場したモデルの1つであるとともに、MPVの人気が低下しているなどの理由から、次世代型は登場しない可能性がありそうだ。

捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュ。改良新型では、内部LEDデイタイムランニングライトのグラフィックを刷新したスリムなヘッドライトを装備する。またグリル、エアインテークを含むバンパー、後部ではテールライトとバンパーがリフレッシュされるだろう。

キャビン内では改訂されたトリムを提供、10.25インチ・デュアルスクリーン用のMBUXソフトウェアを入手することが期待されている。Aクラスとレイアウトを共有するなら、センターコンソールのタッチパッドは削除される可能性もある。

パワートレインは、最高出力136psを発揮する1.3L直列4気筒ガソリンエンジン、最高出力116psを発揮する1.5L直列4気筒ディーゼルターボエンジンがマイルドハイブリッド技術を取得する可能性がある。また最高出力160psを発揮する1.3L直列4気筒に最高出力102psを発揮する電気モーターが組み合わされるフラッグシップ「B250e」はキャリーオーバーされると思われる。

Bクラス改良新型のワールドプレミアは、2023年初頭と予想される。もしこれが最後のBクラスになるならば、今後その魂は「Citan/Tクラス」や、今後登場する「EQT」などLCVから派生したモデルが継承することになるだろう。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧