なんと44サイズ展開! 新スタッドレス「ピレリ アイス・ゼロ・アシンメトリコ」と「ピレリ150周年」発表会開催!

イタリア自慢の老舗・ピレリの150周年は、大使館で国を挙げてお祝い!

ピレリジャパンは、コンパクトカー、中・大型セダン、ミニバン、SUV に向けて、新スタッドレスタイヤ「ICE ZERO ASIMMETRICO (アイス・ゼロ・アシンメトリコ)」を発表した。
アイス・ゼロ・アシンメトリコは、ドライビングの正確性および、危険を伴う氷雪路面における安全性を確保している。新しいアイス・ゼロ・アシンメトリコは、15インチから20インチまでの合計44サイズが用意され、2022年7月より順次発売される。価格はオープン。

この新スタッドレスタイヤは、ピレリ創立150周年という記念すべき年に、駐日イタリア大使館において発表された。発表会場には、「ピレリ:情熱と革新の150年」と銘打った写真展示も行われ、招待客を釘付けにした。

このように、ピレリ創立150周年を記念するイベントは、2022年を通して世界各国でさまざまな形で行われている。記念日の1月28日には、世界4か国をつないだカウントダウンが行われ、それを皮切りに、Formula 1をはじめとするモータースポーツのスポンサーシップにおけるシーンや文化イベントなどで記念の活動が行われ、盛大に祝われた。

安全性と快適性のための新スタッドレスタイヤ
アイス・ゼロ・アシンメトリコは、日本の非常に厳しい冬のニーズに対応するために開発され、冬季における安全で快適なドライブのために、降雪地域に住むコンパクトからミニバン、SUVまでの幅広い車のドライバー向けに設計されているものだ。 また、このタイヤは都市部に住みながら、ウインタースポーツを楽しむために降雪地域へドライブするユーザーにとって、自宅と目的地の間の移動を安全で快適にしてくれる。

アイス・ゼロ・アシンメトリコの開発に使用された最新の技術は、氷雪路面における高いブレーキング性能および、凍った路面での優れたトラクション性能を実現。 雪上での優れたハンドリング性能に加えて、ドライ路面における快適な乗り心地と高いレベルの静粛性も確保している。さらに新しいトレッド、サイプ、コンパウンドの採用によって、従来品よりさらに日本の冬の環境に合うよう、氷雪上性能が向上している。

アイス・ゼロ・アシンメトリコは、従来の3Dサイプをさらに進化させ、トレッドブロックの剛性を向上させた新3Dサイプと、通常の2D サイプを組み合わせたハイブリッドトレッドブロックの採用により、優れたアイスブレーキ性能を発揮する。

また、スクエアブロックとダブルサイド・トゥ・サイドグルーブの採用による革新的でユニークなトレッドパターンにより、氷雪路やウェット路面など、幅広い路面状況に対応することができるという。革新的な可塑剤コンセプトを用いた新しいコンパウンドの採用により、冬のあらゆるコンディション(雪、氷、ウェット)でのグリップ力も向上した。

またロングステイポリマーを採用したデュラブル・ソフト・コンパウンドは、経年劣化しにくく、より長いパフォーマンスを可能にし、より低温時でも作用することで、気温が低く過酷な条件の冬の朝晩でも即時に安全性を発揮する。

https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/catalogue/product/ice-zero-asimmetrico 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧